多摩区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

堰稲荷神社奉賛会 慰霊祭、祈願の地で 「半世紀ぶり」思いはせ

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
忠魂碑前で(右から)小林会長、金子宮司、金子副会長
忠魂碑前で(右から)小林会長、金子宮司、金子副会長

 堰稲荷神社で9月13日、「戦後75年戦没者慰霊祭」が執り行われた。奉賛会の小林利通会長(77)によると、同神社での開催はおよそ50年ぶり。戦時中、武運長久や戦勝を祈った場所で、遺族らが思いを巡らせた。

 「出兵していく人を見送るために村中の人が集まって、ここで神様にお願いしていた」と話すのは、7歳のころに終戦を迎えた奉賛会の金子憲司副会長(82)。「歌を歌って、万歳して、久地駅までみんなで送っていく。駅でも万歳をして」と、情景を振り返る。

 小林会長は当時2歳。父親の弟・小林鐵造さん(享年19)は1944年、レイテ湾で戦死した。「3人兄弟で長男の父は体が弱く、次男は結核で戦地に行けず、三男が志願兵だったと聞いている。今の若者と違って愛国心に満ちた、そんな時代だった」と語る。

勇士刻む忠魂碑

 境内には、1958年に建てられた忠魂碑がある。「大東亜戦争に際し(中略)若く尊き一命を捧げられた勇士」として13人の名が刻まれている。

 堰地区では2007年、龍厳寺で慰霊祭があったが以降は実現せず。小林会長は「昔はこの神社で行われていた。戦時も神社で祈願していたのだから、神社でやりたい」と戦後75年の節目に、先頭に立った。

 慰霊祭当日は、遺族代表者と奉賛会役員ら20数人が参加。忠魂碑を前に、金子善光宮司(74)によって神事が執り行われた。「英霊に感謝し、戦争のないように恒久平和を誓った」と小林会長。19歳から33歳と若くして亡くなった戦没者の写真も掲示され、参加者同士記憶を語り合った。

 各地で遺族の高齢化が進むが、堰の遺族会も例外ではない。中野島稲荷神社も兼務する金子宮司は「中野島では15年前、遺族が3軒しかなかったが、神社主催で慰霊祭を毎年継続。新しい人が参列してくれている」という。「堰でも恒例になれば」と思いを寄せた。

13日の慰霊祭=主催者提供
13日の慰霊祭=主催者提供

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク