多摩区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

のらぼう愛、本に託し 高橋さん 市長へ20冊寄贈

文化

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 菅地区の伝統野菜「のらぼう菜」を代々作る高橋孝次さん(88)=菅野戸呂在住=は10月13日、市庁舎を訪問。栽培方法やおいしい食べ方を伝えようと、今月刊行した『のらぼう菜―太茎多収のコツ』を20冊、福田紀彦市長に贈った=写真。

 高橋さんは「ずっと書きたかった本が完成してうれしい。市長にあげることができて最高に幸せ」とコメント。妻の寛子さん(83)は「のらぼう菜を長年研究してきて、多くの方の協力で本を作ることができた」と感謝を表し、「今年春も(夫が)収穫して予約もたくさんいただき、よく売れた」と振り返った。

 福田市長は「のらぼう菜というと高橋さんのイメージ。こうして本にしてもらったことは、川崎市にとって大変な財産。ありがたく活用させていただく」と語った。

 17歳で就農し、のらぼう菜の栽培に注力してきた高橋さん。その成果を後世に伝えようと、約40年にわたり市内学校で出前授業を続けてきた。栽培方法が評価され、5年前に日本特産農産物協会による「地域特産物マイスター」に認定。生産者らによる「菅のらぼう保存会」の会長も務める。

 農山漁村文化協会発行の同書はA5判88ページ、税込1320円。市内書店や通販サイトAmazonで購入できる。

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

講座で学ぶ子育て支援

7カ月ぶり「おかえり」

バスケB1川崎BT

7カ月ぶり「おかえり」 スポーツ

とどろきアリーナで2連勝

10月16日号

のらぼう愛、本に託し

のらぼう愛、本に託し 文化

高橋さん 市長へ20冊寄贈

10月16日号

「エコバッグ作ります」

「エコバッグ作ります」 社会

販促や記念品に

10月16日号

回覧板 ウェブで発信

回覧板 ウェブで発信 社会

菅町会 再確認に活用

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク