多摩区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

生田緑地 ローム崩壊実験 半世紀前の「事故」

社会

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
参考:羽鳥謙三(1972)『川崎市生田緑地における崩壊実験事故現場の地質と問題点』(「地球科学」Vol.26 No.28)地学団体研究会/黒沼稔(1972)『科学技術庁のローム斜面崩壊実験事故と地方自治体』(「自治研究」第48巻第6号)良書普及会
参考:羽鳥謙三(1972)『川崎市生田緑地における崩壊実験事故現場の地質と問題点』(「地球科学」Vol.26 No.28)地学団体研究会/黒沼稔(1972)『科学技術庁のローム斜面崩壊実験事故と地方自治体』(「自治研究」第48巻第6号)良書普及会

 生田緑地のメタセコイアの林、岡本太郎美術館近くにある慰霊碑。そばに「ローム斜面崩壊実験事故慰霊」と書かれている。1971年11月11日のこの事故で、研究者や報道関係者15人が犠牲になった。今年は「50回忌」だ。

 事故の2日前から、国立防災科学技術センターと関係機関が「ローム台地における崖崩れに関する総合研究」として、放水による降雨実験を続けていた。がけ崩れの仕組みを解明するため、「どのくらいの雨量でどのように崩壊するか」を調べる実験だった。事故当日の午後3時半ごろ、目的の「崩壊」が起きた。しかし、崩壊規模は想定を上回り、斜面を下った泥流が関係者を飲み込んだ。

 崩壊実験を行った場所は、1958年の狩野川台風による崩壊土と、1968年の遊歩道工事による捨土で覆われていた。これらの堆積状態は、固い地山より隙間が多く、透水性もよく、吸水で強度が低下しやすかった。実験で崩れた土は一瞬にして液状化し、防護柵を越えた――。

 川崎市の災害概要にも「過去の大きな崖崩れ災害」として記載される同事故。多摩丘陵一帯は昔から崖崩れの危険と隣り合わせで、実験は宅地等の防災のためだった。当時の調査で、市内の「崩れそうな崖」は188カ所あり、525世帯が危険な環境にあったという。いま、多摩区の土砂災害警戒区域は179区域、特別警戒区域は136区域。この事故に限らず、数ある災害の教訓を生かした対策が不可欠だ。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク