多摩区版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

登戸小 運動会 教室へライブ中継 PTA・教職員ら一丸

教育

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
校庭で競技に参加する児童(上)。応援団のリードで、教室で映像を見ながら応援する児童=同校提供
校庭で競技に参加する児童(上)。応援団のリードで、教室で映像を見ながら応援する児童=同校提供

 市立登戸小学校(小松良輔校長)は11月7日の運動会で、各教室に待機する児童向けに生中継で映像を放送。PTA(谷本勉会長)と教職員、児童が一体になり、会場の校庭と教室を映像でつなぐ企画を実現させた。

 コロナ下の感染対策として、市立校では主に例年5月だった運動会を秋季に延期し、形式を各校で変更して開催。全校児童が約700人の登戸小では、時間を午前中のみに短縮し、学年ごとに競技を実施した。PTAは役員と運営委員ら約30人が、観覧する保護者の誘導を担当。校庭では出場する児童の一つ上の学年が応援した。

 PTA前会長・高山康司さん(43)の協力で、カメラ4台ほか機材を無償で持ち込み。児童がいる教室のモニター画面に競技の様子を流した。6年生による赤組、白組の応援団は校庭のほか、各教室を3人ほどで担当し、盛り上げ役として声援を送った。赤組団長の小野寺麻香さんは「6年生が係の仕事を声をかけ合ってやっていた。全校の見本になる姿があってすばらしかった」、白組団長の小瀧穂香さんは「1年生は自分たちで旗を作っていて、自分たちで運動会を成功させようという気持ちが伝わってきた」と感想を話した。

 小松校長(62)は「子どもたちが主役の笑顔あふれる運動会がテーマ。PTAのおかげで混乱なく順調に進行できた」と感謝。谷本会長(44)は「無事に子どもたちが走り回ってくれてよかった」と笑顔を見せた。高山さんは「記憶に残る良い運動会を経験させていただいた」と語った。

本部で映像を操作
本部で映像を操作

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク