多摩区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

60年の歴史、未来へ奏でる 中野島小 11月21日に記念式典

教育

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
記念品のクリアファイルに掲載された航空写真=写真は同校提供
記念品のクリアファイルに掲載された航空写真=写真は同校提供

 創立60周年を迎えた川崎市立中野島小学校(今広道校長・児童858人)は11月21日、アリーナで記念式典を挙行した。会場内は感染症対策を講じ、開催規模を縮小して後半の祝賀会は中止に。式典では児童の運営委員会「中野島プロジェクト」(NP)が司会を担当。学年ごとに合奏など発表を行い、ラストは5、6年生の合唱「いのちの歌」で花を添えた。

 音楽専科の教員2人のもと、授業で発声や合奏などに力を入れる同校。式典では「なかのしま ミュージック フェスティバル」と題し、1年生が言葉による表現(合唱)、2年生から6年生はそれぞれリコーダーや鍵盤ハーモニカ、打楽器などによる合奏を披露した。今回の5、6年生による合唱の選曲は「今、みんなが置かれている状況」をイメージし、生まれてきたことや出会い、命への感謝をつづった「いのちの歌」に決定。思いの込もった歌声が出席者の涙を誘った。

 会場には6年生のみ常時着席し、他学年は発表ごとに入れ替え入場。6年生以外の児童は式典の様子を各教室のモニター中継で視聴した。司会は「NP」の6年生4人が中心で進行。児童入れ替えの待ち時間に、学校に関するクイズや感想コーナーなどMCで場を盛り上げた。

一体感と感動を

 式典の2日前には、毎年恒例の保護者向け発表会「中(なか)小ステージ」を規模縮小のもと開催。各学年が式典と同じ合奏等を披露し、好評を博した。

 今年度はコロナで学校行事に大きな影響が及ぶ中、同校では春から10月に延期された運動会「スポーツフェスタ」、11月の中小ステージ、記念式典を無事に開催。換気や手洗い、3密回避など感染対策を徹底し、全校児童に「やりがい」を味わってもうらおうと教職員やPTAらが一丸で力を尽くしてきた。今校長は「地域や保護者の理解と協力があって、3つの行事が実現できた。本当にありがたい」と感謝をにじませた。

 当日は過去10年間の元校長2人や歴代PTA会長4人をはじめ、創立60周年記念事業実行委員長の吉澤偉臣さんに、感謝状が贈られた。

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク