多摩区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

たま音楽祭 第10回、新たな形で 来年2月 生配信や投票も

コミュニティ文化

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
前回の大ホールステージ=昨年12月
前回の大ホールステージ=昨年12月

 来年2月6日と7日、初めての2日間開催で第10回を迎える「たま音楽祭」。実行委員会がコロナ下の実施方法を模索し、会場での観覧のほか、ライブ動画配信やリクエスト投票など、さまざまな企画を用意している。

 2011年に始まったたま音楽祭は、区民らの実行委員による手づくりの音楽イベント。多摩区近郊で活動するアーティストの発表の場として、区庁舎内に最大7つのステージが設けられ、昨年は27組が出演、2千人以上が来場した。

 「10回目の節目。約2年前から準備を進め、多くの方に出演してもらおうと考えていた。コロナで根本的な見直しが必要になった」と語るのは、初回から携わる実行委員会代表の斉藤純さん。委員も新たな公募はせず、経験者4人と専修大のインターンシップ10人でオンライン会議を重ねた。

 そんな今回のテーマは「離れていても音楽は必ずとどく」。会場は市民館大ホールの1会場のみで入場制限を設けるが、ウェブを介した複数の企画を準備。ステージの様子をユーチューブで生配信するほか、過去の映像を振り返るアーカイブ配信、ミュージシャンのオンラインコラボ演奏、演奏曲リクエスト投票などに取り組む。「ネットとリアルのハイブリッド開催。従来と異なったスタイルで楽しんでもらえたら」と斉藤さん。委員の橋本健さんは「視聴者のコメントや、拍手や笑顔の映像をステージに届ける演出を準備中。お楽しみに」と期待を込める。

 2月6日は午後1時半に開演し、過去の出演者から実行委員会が厳選した5組が登場。7日は2時開演で、多摩区ゆかりのジャズピアニスト・国府弘子さんらが音楽祭を盛り上げる。

 会場での観覧申込と、リクエスト投票を今月開始。観覧は無料、ウェブまたは往復はがきで来年1月8日までに応募する。詳細は公式サイト。
 

多摩区版のトップニュース最新6

自然残し、2エリアに

生田小下校庭整備

自然残し、2エリアに 社会

出張所 市民の声受け変更

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

歴史振り返り、未来へ

登戸研究所保存の会

歴史振り返り、未来へ 社会

区制50周年で展示や講演

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

灯籠流し、一丸で再び

宿河原二ヶ領用水

灯籠流し、一丸で再び 文化

8月21日 稲田中・竹明かりも

7月29日号

閻魔寺 御朱印を製作

東生田安立寺

閻魔寺 御朱印を製作 文化

「妖怪シェアハウス」ロケ地

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook