多摩区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

向の岡工高生徒8人 生田緑地の新看板制作 北側入り口「長者穴口」に設置

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
看板を制作し設置した生徒と、杉山教諭(左上)
看板を制作し設置した生徒と、杉山教諭(左上)

 生田緑地北側の入り口「長者穴口」の看板を県立向の岡工業高校(堰)の3年生8人が制作。1月18日に設置した。約30カ所ある生田緑地の入り口の中で、ビジターセンターや大型駐車場がある東口・西口に次ぐ、新たな玄関口として再スタートを切った。

 ベニヤ板3枚を貼り合わせた横130センチほどの本体に「生田緑地長者穴口」と掘り込まれた看板は、同校の課題研究の一つ「出前授業班」で制作。建設科の杉山雄汰朗教諭(27)の指導のもと、リーダーの武山凱也さん(18)ら生徒8人が看板の形状や書体のデザイン、設計などを手がけ、約半年かけて昨年末に完成させた。

 枡形山広場への階段が続く「長者穴口」。周辺には、1968年に市の調査で30基以上の横穴墓が見つかった「生田長者穴横穴墓群」が広がる。これまで「北口」の通称で知られ、以前は支柱に縦書きで「生田緑地」とだけ表示されていた。

 看板のデザインは個々のアイデアをもとに、下の丸くなっている部分は墓の横穴をイメージしたという。特に苦心した工程は文字をくり抜く作業で、材料を切断する電動工具「ジグソー」を初めて使用。ほとんどの文字を担当した小島あずみさん(18)は「時間がない中、読める字に仕上がってよかった」とほっとした様子。武山さんは「みんなが遠足で行くような場所に、形に残るものを作れてうれしい」と話した。

待望の「第一号」

 市民団体や行政、指定管理者らが緑地の管理運営に参加する「生田緑地マネジメント会議」では、部会「おもてなしプロジェクト」(松岡嘉代子代表)を2017年に発足。各入り口の名称について検討し、分かりやすさや防災の観点も踏まえ、19年には名称の必要性を市に提言した。その後、17カ所に名称をつけ、12カ所を公表した。

 松岡さんは「新しい名前がついたこの入り口に、看板の第一号が実現できた。向の岡工業高の皆さんのおかげ」と感謝を表した。

看板を支柱に取り付ける生徒
看板を支柱に取り付ける生徒

春の無料体験スクール開催中!

黒田ギター教室/ファーストステップス登戸校 体験当日入会で入会金無料!

https://k-gs.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

親しみ込め「たまずん」

黄金色ナマズ

親しみ込め「たまずん」 社会

東菅小・工藤さんら 命名

2月26日号

遺志継ぎ、のらぼう育て

遺志継ぎ、のらぼう育て 経済

菅・高橋孝次さんの畑

2月26日号

連携や担い手、糸口探る

【Web限定記事】多摩区町会連合会

連携や担い手、糸口探る 社会

研修会 区外2団体の事例共有

2月19日号

区制50周年へ機運高め

【Web限定記事】多摩区予算案

区制50周年へ機運高め 政治

総額約12億6千万、2年連続増

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 政治

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

画面越え 思い交わす

たま音楽祭

画面越え 思い交わす コミュニティ文化

配信、可能性広げた2日間

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク