神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2021年2月5日 エリアトップへ

長沢商店会 PR大使に川崎純情小町 魅力発信 店舗で動画撮影

経済

公開:2021年2月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 長沢商店会(原山修会長)は1月28日、ご当地アイドル「川崎純情小町☆」に同商店会のPR大使を委嘱した。同日、メンバーが長沢地域を紹介する動画を撮影。のぼりやポスターも活用し、商店会の魅力発信を目指す。

 市内で幅広く活動する川崎純情小町☆は2015年9月、長沢諏訪社の祭礼のステージに初登場。以降出演し続け、恒例のライブとして子どもから大人まで盛り上がりを見せる。その縁もあり、同商店会はPR大使の委嘱を決めた。

 大使のメインの仕事となる動画は、メンバーがリポーターとなり長沢商店会の店舗を紹介していくもの。撮影当日は、5人のメンバーのうち多摩区・麻生区担当の和泉杏奈さんをはじめ、宮内桃子さん、宝生麻佑さん、鶴田ちなみさんが参加。服部星奈さんは欠席だったが、4人で1日かけて撮影に臨んだ。

 動画の冒頭は諏訪社でスタート=写真右。地場野菜も販売する手芸店や明治時代創業の酒店、商店会のキャッチフレーズである「高齢者にやさしく、子育てしやすい街」にちなんだ店舗を巡り、インタビューする様子を収めた。昨年12月に加入した和泉さんは、「長沢を歩いて、たくさんの方が声をかけてくれた。地域の皆さんに元気を届けたい」と笑みを見せた。

GoToを活用

 同企画の進行にあたり、長沢商店会では国の「GoTo商店街事業」に申請し、採択。緊急事態宣言下で集客するイベント等が難しくなる中、当初予定していたスタンプラリーは取り止めた。感染対策のもと撮影した動画のほか、川崎純情小町☆のメンバーが感染予防を呼びかけるフラッグやのぼり、ポスターを製作。街中を「小町☆色」に染めることで地域全体の活性化を促す。

 自身も動画に出演する原山会長は「せっかく与えてくれたチャンス。初の試みだがうまく活用して、最終的には(商店会加盟店の)商売につながれば」と胸中を話す。昨年から企画を準備してきた同商店会の高橋弘幸さんは「長沢を盛り上げたい一心で頑張ってきた」と思いを寄せた。

 動画は今月上旬、ユーチューブで公開される。

委嘱式で(左から)宝生さん、和泉さん、原山会長、宮内さん、鶴田さん
委嘱式で(左から)宝生さん、和泉さん、原山会長、宮内さん、鶴田さん

多摩区・麻生区版のトップニュース最新6

共同参画の意識に変化

すくらむ21

共同参画の意識に変化

アンケート結果を発表

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

女性議員16人が連携

川崎市議会

女性議員16人が連携

課題共有し、政策提案へ

5月10日

「あさおSDC」が始動

「あさおSDC」が始動

8つの機能で課題解決へ

5月10日

大きな舞台で落語に挑戦

多摩区の演劇少年少女

大きな舞台で落語に挑戦

伝統文化学び、笑い届ける

5月3日

「想定超」の4万7000人

川崎市健康アプリ

「想定超」の4万7000人

企業活動、口コミで拡大

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook