多摩区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

第3回 川崎市地域文化財を紐解く【4】 江戸から平成継いだ「石橋」 旧小泉橋の桁と親柱

文化

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
1990年の小泉橋(右)、「小泉橋」「維時明治三十四年三月改脩」と書かれた親柱=稲田郷土史会提供
1990年の小泉橋(右)、「小泉橋」「維時明治三十四年三月改脩」と書かれた親柱=稲田郷土史会提供

 かつて津久井道の交通の要所であった、二ヶ領用水にかかる登戸の「小泉橋」。1991(平成3)年に解体されるまで、江戸時代からの石橋が改築・拡幅されながら147年間にわたり使われていた。解体後も保管された「銘文入り桁石2枚」と「親柱4本」が、地域文化財になった。

 稲田郷土史会によると、当初小さな板橋だった小泉橋は1844(天保15)年、地元の篤農家・小泉利左衛門が私財を投じて石橋に架け替えた。その後、1901(明治34)年にはひ孫の小泉弥左衛門が改築。当時の開通式には県知事も呼ばれ、花火や山車などで盛大に祝ったという。1931(昭和6)年、コンクリートで拡幅補強され、平成に入ってからは「かながわの橋百選」にも選ばれた。

 解体工事でコンクリートをはがし発掘した桁石は12枚。そのうち1枚の裏側には天保15年の銘文、さらにもう1枚に明治34年の改修時の銘文が彫られている。明治の銘文からは「近年車両の通行が多くなり狭あいであること、陸軍砲車により損傷したため危険であること、小泉橋を改修し、余力で他の四五橋を改修することが亡父の意志を継ぐ子孫の勤めであること」などが読み取れる。

 地域文化財となった石材は、登戸区画整理事務所内に保管されているもの。稲田郷土史会の平林勤さんは「橋の近くに置いて展示するなど、広く市民に知ってもらいたい」と思いを話す。

ー・ー・ー・ー・ー

このコーナーでは第3回川崎市地域文化財に選ばれた文化財を紹介します。

多摩区版のローカルニュース最新6

最優秀賞は「月昇る」

市観光写真コンクール

最優秀賞は「月昇る」 文化

一般の部・区民2人に優秀賞

4月16日号

「黄金さかな博」 目玉に

「黄金さかな博」 目玉に 文化

たまずん カワスイで20日から

4月16日号

性暴力根絶、訴え

川崎駅前

性暴力根絶、訴え 社会

フラワーデモに50人

4月16日号

長尾小 通学路安全に

長尾小 通学路安全に 社会

市教委 道路標識の協会へ感謝状

4月16日号

市民葬儀見直しへ

市民葬儀見直しへ 社会

意見22日まで

4月16日号

ペット同伴利用を試行

ペット同伴利用を試行 社会

緑化センター

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter