多摩区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

多摩川灯籠流し 震災鎮魂、10年で幕 「命考える」新たな活動へ

社会

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災への鎮魂の催し「多摩川灯籠流し」が3月7日、稲田公園近くの河川敷で開催。「あの日を忘れない」との思いで、NPO法人おさかなポストの会が震災翌年から継続し、10年の節目で終止符を打った。今後も多摩川を拠点に、生き物の命を考える活動を続けていく。

 コロナ下の今回は例年の一般参加を取りやめ、有志ら約10人で運営。事前に募集した牛乳パック製の手作り灯籠=写真=約100個を水面に浮かべ、覚證寺(調布市)住職が読経。この催しで歌い続けてきた生田小学校出身の歌手・MiSAさんの復興応援ソングや、岡信行さんによるオカリナ演奏の音色とともに、被災地へ思いを寄せた。

 最後の灯籠流しとなったこの日、おさかなポストの会を引っ張ってきた山崎充哲さん(62)はがん闘病中のため欠席。山崎さんの大学の後輩で同会メンバーの磯邉隆さん(41)がリーダーを担った。「多くの方に灯籠を作っていただき、募金にご協力いただいた」と感謝を表し、「10年前の震災経験を生かして、防災の意識をより高められれば」と力を込めた。

 山崎さんの長女で同会次期代表の愛柚香さん(28)は「灯籠流しを通じていろいろな方とのつながりが広がった。多摩川をはじめ地球の生き物に敬意を込め、命について考えるきっかけを提供できるよう活動を続ける」と胸中を語った。

 飼育できなくなった水の生き物を預かり、里親を探す活動を展開してきた同会。震災発生時は、被災地から多くの生き物がおさかなポストに寄せられ、「私たちにできることはないか」と灯籠流しを始めたという。多摩川に生息する魚と共に福島県を訪れる活動「移動水族館」を担う愛柚香さんは「すべての生き物に心を寄せる父の思いをつないでいく」と語った。

 催し当日の様子は動画投稿サイトのユーチューブでライブ配信。編集動画は3月11日の午後2時46分に公開された。

オカリナ演奏と、被災地の写真投影
オカリナ演奏と、被災地の写真投影

多摩区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

民家園・市バスで周遊券

民家園・市バスで周遊券 経済

アプリ連携、沿線活性へ

3月26日号

訪問看護にガウン200枚

訪問看護にガウン200枚 社会

西生田・井関さんらが手作り

3月26日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク