多摩区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

桜並木を維持管理する「宿河原堤桜保存会」の5代目会長を務める 関山 泰司さん 宿河原在住 80歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

花めく景色、守り継ぐ

 ○…一昨年5月、会長に就き、2度目の春を迎えた。コロナ禍で主催行事「桜まつり」は2年連続中止。「会長のうちに1回くらいはやらないとね。来年こそは盛大に」と胸中を話す。発足から半世紀近い保存会の会員は約90人。桜並木を守るため、芽かきや植樹など年間を通して活動する。枯枝の伐採や提灯設置といった力仕事も多いが、「私が平均年齢くらいかな」と高齢化が課題だ。

 ○…かつては桃の産地だった宿河原で、実家の桃畑があった地に居を構えて50年。目の前を二ヶ領用水が流れる。「小さいときは川沿いにカンナやダリアがあった。家を建てたころ、桜の木も若くてきれいで」。保存会には50歳ごろから参加。桜だけでなく、市緑化センターに植樹した桃の手入れも活動の一つだ。「二ヶ領用水宿河原堀を愛する会」では副会長を担い、美化活動に尽力。「川にゴミを捨ててしまう人も少なくない」と、悲しい現状を語る。

 ○…稲田小・中と地元で育ち、工業大学で土木を学んで川崎市に入庁。長きにわたり下水道整備に携わった。「当時普及率は10%くらい。そこから90%を超えて」と振り返る。宮前区の道路整備等の経験からも、「工事は地域との調和を図ることが大事」と実感。今、桜の管理では地域目線で行政と歩み寄る。「できることからお願いしている。植え替え等も長期的に考えてもらえたら」

 ○…町会や保護司、社会福祉協議会等の役目は一段落。最近は多摩老人福祉センター(中野島)まで自転車で通い、囲碁を打つのが日課だ。桜が咲き始め、自宅前にある「『桜』記念碑」を見やる。「100人近い名前が記された石碑。昔から地域の方々が頑張ってくださった。桜は、地元のシンボルですから」。歴代の思いを胸に刻む。

多摩区版の人物風土記最新6

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter