多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

多摩区出身 奥野じゅんさん 落語ミステリーで賞 角川文庫キャラクター小説大賞

文化

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
本の表紙=角川文庫提供
本の表紙=角川文庫提供

 第6回「角川文庫キャラクター小説大賞」で昨年、優秀賞を獲得した多摩区出身の奥野じゅんさん(34)。受賞したデビュー作『江戸落語奇譚〜寄席と死神〜』が4月23日に刊行される。

 漫画のような個性的な登場人物を主体に、特徴のある舞台設定でポップに描く「キャラクター文芸」。奥野さんは「お化けを追いかける、今人気の『怪異もの』をミステリーで書こう」と構想。家族問題を抱える大学生と、江戸落語にまつわるお化けを研究する人気文筆家という「イケメン」男性2人を主軸に、謎解きストーリが展開される。

 今回の同大賞には499作品の応募があり、最終候補4作品から大賞と優秀賞、奨励賞が昨年10月に選出された。奥野さんは当時「小野じゅん」の名で出品。受賞時の副題は「怪異には失礼のないように」だったが、刊行に合わせ「寄席と死神」に変更した。担当編集者は「読んだ後、自分も落語を聞きにいきたいと率直に思った」と講評する。

 物語は1章「芝浜」など、全4章の章名を落語の演目から引用。奥野さんは先月、縁あって多摩区在住の落語家・桂米多朗さん(54)の寄席を観覧。落語について話を聞いた。今後の作品の構想につながる可能性もありそうだ。

 3年前に趣味で小説を書き始めた奥野さんは、2年ほど前に執筆サークルに入会。会員同士で原稿を講評し合うほか、文芸勉強会でプロ講師の指導を受けるなど鍛練を重ねる。「知らないことを知ったり、試すのが好き。できるようになるのが楽しい」。これまで手がけた小説はミステリーや純文学など約20本、およそ140万文字にのぼるという。「90歳まで元気に書こう」をモットーに、執筆活動を続ける。

 同書は文庫判で272ページ、660円。書店やインターネットのアマゾンで購入できる。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】空調設備を一新!5/17(月)9:10オープン予定!各店で感染対策中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

市内バス クラフト作品に

川崎市

市内バス クラフト作品に 文化

素材を提供、写真公募も

5月14日号

鮮やかに、色づく花園

生田緑地ばら苑

鮮やかに、色づく花園 文化

春の一般開放 見頃つづく

5月14日号

免疫力知り病の予防へ

免疫力知り病の予防へ 社会

24日講演

5月14日号

「里親制度」身近に

「里親制度」身近に 社会

22日 講演や体験談

5月14日号

子育て支援スキル養う

子育て支援スキル養う 教育

全9回講座

5月14日号

川崎市、集団接種を開始

コロナワクチン

川崎市、集団接種を開始 社会

次回予約受付は15日

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter