多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

多摩区出身 奥野じゅんさん 落語ミステリーで賞 角川文庫キャラクター小説大賞

文化

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
本の表紙=角川文庫提供
本の表紙=角川文庫提供

 第6回「角川文庫キャラクター小説大賞」で昨年、優秀賞を獲得した多摩区出身の奥野じゅんさん(34)。受賞したデビュー作『江戸落語奇譚〜寄席と死神〜』が4月23日に刊行される。

 漫画のような個性的な登場人物を主体に、特徴のある舞台設定でポップに描く「キャラクター文芸」。奥野さんは「お化けを追いかける、今人気の『怪異もの』をミステリーで書こう」と構想。家族問題を抱える大学生と、江戸落語にまつわるお化けを研究する人気文筆家という「イケメン」男性2人を主軸に、謎解きストーリが展開される。

 今回の同大賞には499作品の応募があり、最終候補4作品から大賞と優秀賞、奨励賞が昨年10月に選出された。奥野さんは当時「小野じゅん」の名で出品。受賞時の副題は「怪異には失礼のないように」だったが、刊行に合わせ「寄席と死神」に変更した。担当編集者は「読んだ後、自分も落語を聞きにいきたいと率直に思った」と講評する。

 物語は1章「芝浜」など、全4章の章名を落語の演目から引用。奥野さんは先月、縁あって多摩区在住の落語家・桂米多朗さん(54)の寄席を観覧。落語について話を聞いた。今後の作品の構想につながる可能性もありそうだ。

 3年前に趣味で小説を書き始めた奥野さんは、2年ほど前に執筆サークルに入会。会員同士で原稿を講評し合うほか、文芸勉強会でプロ講師の指導を受けるなど鍛練を重ねる。「知らないことを知ったり、試すのが好き。できるようになるのが楽しい」。これまで手がけた小説はミステリーや純文学など約20本、およそ140万文字にのぼるという。「90歳まで元気に書こう」をモットーに、執筆活動を続ける。

 同書は文庫判で272ページ、660円。書店やインターネットのアマゾンで購入できる。

多摩区版のローカルニュース最新6

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔

第4回川崎市地域文化財を紐解く【1】

南無阿弥陀仏貴重な三尊塔 文化

光明院・六字名号塔群

12月3日号

高校生 成果発表へ

ワカモノ未来PROJECT

高校生 成果発表へ 教育

14人がアイデア実践

12月3日号

川崎との歩み語る

日本地名研究所

川崎との歩み語る 文化

文化賞受け、12日に講演会

12月3日号

ソロ演技で全国3連覇

枡形一輪車岩佐そよさん

ソロ演技で全国3連覇 スポーツ

中学生の部、惹きつけ制す

12月3日号

登戸河川敷に「一日パーク」

市・小田急

登戸河川敷に「一日パーク」 文化

スケボーなど100人体験

12月3日号

3D板紙コマを工作

川崎北少年少女発明クラブ

3D板紙コマを工作 教育

12月11日 ワークショップ

12月3日号

長尾町会

長尾会館(多摩区長尾7-20-3/☎044-857-4340)

http://www.tamaku-chouren.com/

有限会社アイディーエー

あじさいまつりを応援しています 宮前区神木本町1-3-8

https://www.kanagawa-takken.com/detail/00071402697/

天台宗 長尾山 妙楽寺

川崎市多摩区長尾3-9-3(あじさい寺)/☎044-922-3653

https://www.city.kawasaki.jp/880/page/0000000092.html

髙橋商店

川崎市多摩区長尾6-25-2

有限会社井田土建

多摩区長尾7-4-4 ☎044-911-3985

社会福祉法人 三神会

川崎市宮前区神木本町5-12-15 TEL:044-871-2010

https://sanshinkai.or.jp/

【つつじ寺】神木山 等覚院

川崎市宮前区神木本町1-8-1 TEL:044-866-4573

https://www.tougakuin.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook