多摩区版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

等々力陸上競技場 球技専用スタジアムに 陸上は補助競技場改修へ

スポーツ

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
スタジアムのイメージ=市提供
スタジアムのイメージ=市提供

 川崎市は5月27日、川崎フロンターレの本拠地・等々力陸上競技場(中原区)を球技専用スタジアムにし、補助競技場を第2種の陸上競技場に改修する骨子案を公表した。競技場の分離を求める市陸上競技協会(市陸協)の意見を市が重視したことが背景にある。

子どもに大会の場を

 市陸協によると、同競技場での陸上競技大会の開催は、Jリーグなどとの競合で日程調整に毎年苦労をしているという。2019年度の土日の利用はフロンターレと市サッカー協会で45%を占めた。これに対し、市陸協の皆川敏明理事長は「川崎の子どもたちのために、関東大会や県大会といった全国につながる場を提供したくてもできない」と現状を説明。昨年6月に競技場の分離を要望していた。

 市が示した「等々力緑地再編整備実施計画改定骨子案」によると、球技専用スタジアムは、サッカーやラグビーの利用を想定。既存の陸上トラックを廃止し、サイドバックスタンドを増設する。収容観客数は3万5千人規模となる。

 骨子案が示されたことを受け、フロンターレ関係者の一人は「観客席の増設でチケットが入手しづらかった面も緩和されると思われる」と期待感をにじませた。また、選手がプレーするピッチとスタンドの距離が近くなることで、「より迫力のある選手のプレーを見ることができ、選手も、サポーターと一体感をもって戦うことができる」とも語る。

 陸上競技については、補助グラウンドにメインスタンドやサイドバックスタンドを開設。5千人以上の観客席が必要な第2種公認の陸上競技場を整備する。これにより陸上の日本選手権や国際大会は開かれなくなる。

 整備費用について、市は市民や企業に寄付を募る。「ふるさと納税」の活用も選択肢の一つとしている。市は6月1日からパブリックコメント(市民意見公募)を実施。8月に意見を取りまとめ、11月の改定案で改修時期や費用を示す。

多摩区版のトップニュース最新6

熱中症 前年の1.7倍

川崎市救急搬送

熱中症 前年の1.7倍 社会

高齢者中心、各区で啓発

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

ボトル再製品化へ試行

サミット中野島店

ボトル再製品化へ試行 社会

市内連携で「新・循環モデル」

7月16日号

登戸駅前に移動型店舗

小田急電鉄

登戸駅前に移動型店舗 経済

 

7月16日号

学生推薦100冊を特集

専修大コンパス

学生推薦100冊を特集 文化

多摩図書館 初コラボ展示

7月9日号

川沿い花壇、市大賞に

五反田自治会

川沿い花壇、市大賞に コミュニティ社会

園児体験や生ごみ堆肥も

7月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter