多摩区版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

パラ競泳金メダリスト 成田さん 6大会目へ 多摩区から日本代表内定

スポーツ

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena
成田真由美さん=本人提供
成田真由美さん=本人提供

 多摩区出身で在住の競泳選手・成田真由美さん(50)=横浜サクラスイミングスクール(青葉区)=が、東京パラリンピックの日本代表に選出された。日本パラリンピック水泳連盟と日本知的障害者水泳連盟が、代表内定選手27人の一人として先月発表。パラ5大会で金メダル15個を獲得した「水の女王」が、2大会連続6度目の舞台に集大成として挑む。

「集大成」笑顔で

 成田さんは東京2020組織委員会では理事で唯一のパラリンピアンとして活動を継続。競泳選手として自国開催の東京パラリンピックに照準を合わせてきた。代表選考会を兼ねた5月のジャパンパラ水泳競技大会では、女子50メートル背泳ぎと50メートル自由形(いずれも運動機能障害S5)に出場。その結果、「混合4×50メートル20ポイント フリーリレー」への出場が内定した。同種目は男女混合4人のチームで競い、ポイントの20はクラス分け数字の合計の上限を指す。この夏を最後のパラリンピックと位置づけ、「自分にとって集大成。笑顔で締めくくることができたら」と思いを込める。

 コロナの影響で東京2020の開催延期が決まった昨春は、「泳げない期間が2カ月くらいあって不安だった」。トレーナーの自宅での筋力トレーニングなど、できることを地道に積み重ねてきた。コロナ禍が続く中、安全に開催できるのか、外国人がどのくらい日本に来てくれるのか。「いろいろな人たちの力を借りなければと思う」。さまざまな思いをめぐらせる。「外国人選手の家族や、応援したい人たちも来られないのかな」とも心配する。

川崎、活動拠点に

 市内の取り組みとして川崎市民文化大使を9期務め、誰もが自分らしく暮らせる社会をつくる運動「かわさきパラムーブメント」の共同実行委員長を福田紀彦市長と担う。この運動を表す、「パ」をデザインした実践店向けの掲出用ロゴステッカーは成田さんの発案だ。「生まれ育ったまちで市民も一緒にずっと活動できることが誇り」

 東京2020は「東京を変えるチャンス。もっと改善する点はあるし、開催がゴールではない」と強調。「終わった後も、また川崎に来てもらえたらうれしい。そのための活動は続けたい」

 成田さんは中学生のころ脊髄炎の影響で車いす生活になり、23歳で水泳を始めた。アトランタ、シドニー、アテネ、北京のパラリンピック4大会に連続出場し、金15と銀3、銅2の計20個のメダルを獲得。北京を最後に第一線から身を引くも、「泳ぐことで、パラリンピックを盛り上げたい」との一心で2015年、7年ぶりに現役復帰。リオ大会ではアジア・日本新記録を更新した。
 

多摩区版のトップニュース最新6

熱中症 前年の1.7倍

川崎市救急搬送

熱中症 前年の1.7倍 社会

高齢者中心、各区で啓発

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

ボトル再製品化へ試行

サミット中野島店

ボトル再製品化へ試行 社会

市内連携で「新・循環モデル」

7月16日号

登戸駅前に移動型店舗

小田急電鉄

登戸駅前に移動型店舗 経済

 

7月16日号

学生推薦100冊を特集

専修大コンパス

学生推薦100冊を特集 文化

多摩図書館 初コラボ展示

7月9日号

川沿い花壇、市大賞に

五反田自治会

川沿い花壇、市大賞に コミュニティ社会

園児体験や生ごみ堆肥も

7月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter