多摩区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

登戸そだて隊 交わる場 ゆるやかに 8月、土曜日の「宿場市」

コミュニティ文化

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
区画整理が進む登戸駅西側の空き地に設けられた会場
区画整理が進む登戸駅西側の空き地に設けられた会場

 昔ながらに人とモノが交わる、まちづくりの休憩処に――。土地区画整理事業が進む登戸駅西側で8月21日、「登戸宿場市」が開かれた。会場は新しい建物に囲まれた「建設予定地」となっている空き地。地元店の味が並ぶマルシェやキッチンカー、ドローン体験などが集まり、ゆるやかな交流が生まれた。

 8月の毎週土曜日を開催日とし、市民団体・登戸そだて隊が企画。代表の高山康司さん(44)は「区画整理前のコミュニティが崩れてしまい、なかなかまちづくりができない。町の情報を知りたいという声も多く、コロナ禍で顔が見える場が求められている」と話す。小田急電鉄と川崎市がにぎわい創出に取り組む「登戸・遊園 ミライノバ」とも連携し、先を見据える。

 この日は「たまくママのわ(仮)」として、共に3児の母親の楠部静代さん(41)、中村ふみよさん(39)がヨーヨーすくい等で出店。多摩区で子育てママのコミュニティをつくろうと、来場した親子と言葉を交わした。「多摩区に住んで5年目。育休中のママさんなど子育てでつながる居場所をつくりたい」と楠部さん。中村さんは「今まで地域に関わったことがないママさんたちと一緒につくっていけたら」と思いを話した。

「ママのわ」として出店したブース
「ママのわ」として出店したブース

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook