多摩区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 NEC、備蓄米を福祉施設へ 川崎市内59カ所に寄贈

社会

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
アルファ米を手渡すNEC社員(左)と、受け取る奥村園長(右)
アルファ米を手渡すNEC社員(左)と、受け取る奥村園長(右)

 NEC玉川事業場(中原区)は今月、防災用に備蓄する「アルファ米」185箱を、保育園や介護施設など川崎市内59の福祉施設に寄贈。19日に寄贈式が同所で行われ、市社会福祉協議会の奥村尚三副会長とすこやか溝口保育園の奥村もと子園長が代表で受け取った。

 NECでは災害時や帰宅困難などの非常事態に備え、同事業場に勤める約1万5千人を対象に3日分の非常食を備蓄している。賞味期限が5年とされているため、毎年廃棄前に社員に直接販売するほか、社員食堂で調理して提供。売上金を国連世界食糧計画に寄付していた。

 昨年は感染対策による社員食堂の営業停止で、アルファ米の社内販売が取りやめに。賞味期限が迫ったアルファ米を、昨年初めて市社協を通して地域の子ども食堂など市内約40団体に寄贈した。

 今年も活用が見込まれる施設に、希望数を募り寄贈。多摩区内では社会福祉法人なごみ福祉会夢花事業部やのらぼう愛児園、ひばり保育園など10カ所以上に届けられた。

 「試食会などを行い、実際に食べてみる機会をいただいた。災害に備える意識が高まった」と奥村副会長。同事業場の中山紳一さんは「私たちの資源が地域の役に立てばうれしい。社内にまだアルファ米はあるので、随時提供していきたい」と話した。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook