多摩区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

絵本の手触り 巡る本棚 武蔵野美大・岩崎さん 緑化センターで研究

文化

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
絵本の入れ替わり状況を確認する岩崎さん=今月3日
絵本の入れ替わり状況を確認する岩崎さん=今月3日

 川崎市緑化センターの正門からまっすぐ進むと、温室横の休憩所内に一つの本棚がある。名前は「みんなのほんだな」。武蔵野美術大学大学院造形構想研究科の岩崎友彦さん(48・修士2年)=長尾在住=が、7月上旬に設置したものだ。

 本棚にはベストセラーや植物関連の絵本が100冊。園内の芝生やベンチで読むことができ、気に入った絵本は持ち帰ることも。代わりに、自宅から一冊を持ってきて交換することになっている。「毎週見に来ると変化がある。今のところ自動的に上手くまわっている」。開始からおよそ2カ月、地域の中で循環していく形が見えてきた。

価値が循環する 身近な場

 出版社で編集者としての経歴を積んできた岩崎さん。母校の筑波大学では非常勤講師として編集を教える一方、美大大学院に昨春入学。「出版に携わってきて、今までと同じ考え方じゃダメだなと思ったのが最初。自分で改めて学び直したい」。同級生にはビジネスマンも多く学びを深める中、修士研究に選んだのが今回の取り組み。絵本を使い、地域の文化デザイン促進をテーマに掲げた。

 本棚設置を自宅近所の緑化センターに相談し、快諾。初めに用意した絵本はすべて古本で、リユース活動を行う企業から無償で譲り受けたものだ。「デジタルはどんどん画面から消えていくけれど、本は新品じゃなくても価値は変わらない。こういう手触りをみんなで受け継いでいけたら」と岩崎さん。同園の菊地徹所長は「地域の公園はコミュニティの場でもある。人と人がつながる取り組みとして、一緒に育てていきたい」と思いを寄せる。

 岩崎さんは今後も、アンケートを取りながら研究を続ける。「資産を上手に再活用し、みんなが喜べるような仕組みに。おうちに絵本があれば、入れ替える体験を楽しんで」

利用者の意見を募る本棚横のアンケート回収箱
利用者の意見を募る本棚横のアンケート回収箱

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

3300株 咲き競う

生田緑地ばら苑

3300株 咲き競う 文化

春の一般開放、22日まで

5月13日号

緩和ケア病棟を新設

川崎市立多摩病院

緩和ケア病棟を新設 社会

今月、12床でスタート

5月13日号

18年ぶり、市内で

県華道展

18年ぶり、市内で 文化

23団体267点を展示

5月13日号

憲章Tシャツで応援

憲章Tシャツで応援 社会

売上の一部、障害者へ

5月13日号

「下校庭」意見募る

生田出張所

「下校庭」意見募る 社会

整備に向け、20日まで

5月13日号

石垣の運動上映と講話

石垣の運動上映と講話 文化

6月5日

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook