多摩区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

西北RC 梨200キロ 子どもたちへ 菅馬場から、夢パークに寄贈

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
片寄会長と佐保田さんからナシを受け取る西野理事長(中央)と会員ら
片寄会長と佐保田さんからナシを受け取る西野理事長(中央)と会員ら

 多摩区を拠点に奉仕活動を行う川崎西北ロータリークラブ(RC/片寄優子会長)は9月3日、川崎市子ども夢パーク(高津区下作延)に「多摩川梨」を寄贈した。同RC会員で菅馬場の佐保田理一さんが育てたナシで、品種は豊水。子ども食堂などで食べてもらおうと、かごいっぱいに200キロが届けられた。

 同RCの会員6人が運んできた大量のナシを前に、子ども夢パークの運営を担うNPO法人フリースペースたまりばの西野博之理事長は「果物の寄贈は貴重で、本当にありがたい。子どもたちもすごく喜ぶ」と感謝。同パークの友兼大輔所長は「皆に配って活用していきたい」と笑みを見せた。ナシはこの日、パーク内にある子どもの居場所・フリースペースえんで提供されたほか、コミュニティスペースえんくる(宿河原)や川崎若者就労・生活自立支援センターブリュッケでも配布。翌日も川崎南部の施設に配られるなど、支援の輪が広がった。

 コロナ禍では、中間支援組織「かわさきこども食堂ネットワーク」への寄付も行ってきた西北RC。今回の寄贈について、片寄会長は「名産の多摩川梨、子どもたちに喜んでいただけたら嬉しい」、佐保田さんは「こんな時代だけど、美味しく食べてもらえたら」と思いを話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

「衣装」 でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

「衣装」 でイベント下支え スポーツ

クラブ公認のボランティア

9月24日号

終盤戦、企画目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦、企画目白押し スポーツ

9月24日号

交通安全 音声で啓発

生田高校放送部

交通安全 音声で啓発 社会

秋の運動 区内広報車で活用中

9月24日号

4年間の達成度は

福田市長マニフェスト

4年間の達成度は 政治

准教授ら5人が検証

9月24日号

応援券利用3月までに

子ども食堂 持ち帰りで

子ども食堂 持ち帰りで 教育

区内5カ所、10月3週目

9月24日号

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook