多摩区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

多摩ペン字の会 自ら考え、繰り返す

コミュニティ文化

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
会員にアドバイスする吉澤さん(右)
会員にアドバイスする吉澤さん(右)

 多摩市民館の一室で、静寂の中にペンの音が響く。一人のノートを覗くと、同じ俳句の文字がひたすらに並ぶ――。ここで活動するのは、書を専門とする吉澤一濤さん(76)=枡形在住=が2005年に立ち上げた「多摩ペン字の会」だ。

 「ペン習字教室はよく見かけますけど、私が考えたペン字はお手本を写すものではない」。市内で書を教えていた吉澤さんは中国の書道の辞書を研究し、ペン字の基本を習得。地元多摩区で会員を募り、「先生」として会を続けてきた。会員には最初に基礎を教えると、その後は助言する程度。漢字とひらがなを使う俳句を題材に、それぞれが本から選んだ一句を書き繰り返す。「自分で考え、気持ちで書く。私が求めるのは美しさ」

 現会員は10人ほど。毎月第2・第4木曜に集まる。9月9日には吉澤さんと会員5人が参加。「先生が一生懸命見てくれるから、休みながらも続けられている」と80代の女性。70代の女性は「一つの句を書いて約2カ月。なかなか癖が取れなくて難しい」と、自身と向き合う。「気持ちを入れて書けば、しっかり考えて書いているんだなとわかる。心が表れるし、だませない」と吉澤さん。満足することなく、文字を見つめる。

同じ俳句を繰り返し書く会員のノート
同じ俳句を繰り返し書く会員のノート

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

3300株 咲き競う

生田緑地ばら苑

3300株 咲き競う 文化

春の一般開放、22日まで

5月13日号

緩和ケア病棟を新設

川崎市立多摩病院

緩和ケア病棟を新設 社会

今月、12床でスタート

5月13日号

18年ぶり、市内で

県華道展

18年ぶり、市内で 文化

23団体267点を展示

5月13日号

憲章Tシャツで応援

憲章Tシャツで応援 社会

売上の一部、障害者へ

5月13日号

「下校庭」意見募る

生田出張所

「下校庭」意見募る 社会

整備に向け、20日まで

5月13日号

石垣の運動上映と講話

石垣の運動上映と講話 文化

6月5日

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook