多摩区版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

市歯科医師会 ワクチン接種実習に24人 多摩病院 医師ら講師

社会

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
同院の講堂で指導にあたる、石井部長(中央上)と奥瀬副院長(右上)=いずれも区歯科医師会提供
同院の講堂で指導にあたる、石井部長(中央上)と奥瀬副院長(右上)=いずれも区歯科医師会提供

 コロナ感染拡大の第6波を見据え、川崎市歯科医師会は11月28日、市立多摩病院(長島梧郎病院長)でワクチン接種の実技研修会を開いた。多摩区歯科医師会の鈴木忠人会長が長島病院長に協力を打診し実現。多摩区の8人を含む市歯科医師会会員24人が受講した。

 多摩区歯科医師会は今春、ワクチン接種の担い手に歯科医師も認めるという厚生労働省の通達を受け、準備に着手。打ち手には筋肉注射の講義と実技研修が必須のため、同会は日本歯科医師会の講義を5月に受講した。6月に行われた県歯科医師会主催の実技研修は、多摩区会員のワクチン接種と日程が重なり受講者が少数だったため、多摩病院への要請に至った。

 今回の研修会は市歯科医師会主催として、市内7区の会員が対象に。多摩病院の奥瀬千晃副院長と、歯科口腔外科部長で区歯科医師会会員の石井宏昭氏が講師を担当した。奥瀬副院長がワクチンの有効性や筋肉注射の手順、トラブル対処法などについて講義。石井部長と2人で実技指導を行い、受講者同士で実際に注射を打ち合った。

区歯科医師会打ち手16人に

 区歯科医師会では今回を経て、講義と実技研修を終えた会員16人が打ち手として認められている。長島病院長は「1回目と2回目の接種で課題だった打ち手不足を解消すべく、川崎市では歯科医師会が手を挙げてくださった。ご英断に心から感謝し、今後の活躍を期待したい」とコメント。鈴木会長は「ワクチン接種後は感染しても重症化しない、後遺症に苦しまないということを含め、重要性を再認識した」と研修会を振り返った。

 区歯科医師会は9月から11月、区食品衛生協会が登戸で実施した1200人規模のワクチン職域接種にも協力。3回目のワクチン接種が市内で始まったことにも触れ、鈴木会長は「研修を受けても行政や医師会の要請がなければ、私たちは接種を担うことはできない。感染終息に向け、歯科医師会も市民のために少しでもお役に立ちたい」と思いを込めた。

講義を聞く受講者
講義を聞く受講者

多摩区版のトップニュース最新6

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

学生が「たまずん」研究

明治大農学部

学生が「たまずん」研究 教育

24時間の観察記録、展示

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook