多摩区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

菅野戸呂・生田 イルミネーション 心満たす、住民の光

文化

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena
中野さん夫妻の自宅のイルミネーション
中野さん夫妻の自宅のイルミネーション

 冬のまちを彩る、色とりどりのイルミネーション。多摩区内の住宅でも、それぞれの思いを抱えて飾り付けを続ける住民がいる。

子どもたちに夢を

 野戸呂稲荷神社(菅野戸呂)の裏に位置する住宅地で、暗い中にパッと現れる一軒家の光。屋根まで届くクリスマスツリー型の電飾とプロジェクションマッピング、多数のキャラクターが出迎えてくれる。中野清さん・弘美さん夫妻が自宅で手がける、自慢のイルミネーションだ。

 「近所の子どもたちに喜んでもらいたくて」と10年ほど前にスタートし、近隣住民の理解を得ながら年々飾りを増やしてきた。ハロウィーンの季節から装飾し、約70人が集まる子ども会のパレードでは人気スポットに。クリスマスには、清さんがサンタクロース姿になって子どもたちを迎えたこともある。

 「劣化でケーブルが切れっちゃって、直しながら続けている」と清さん。今年も正月までは点灯予定。「親子連れで見に来る人も多い。うちは子どもがいないから、来てくれることが励みになる」と笑顔を見せた。

近所の絆 連なる

 県立生田東高校近く、生田8丁目で接する五反田自治会と生田山の手自治会の住宅十数軒が、ささやかな光でつながる「イルミネーションストリート」。本格始動して3年目の今年も、一帯に明かりが連なっている。

 発起人の中里好市さんが中心となり、各住宅や隣接する森林に電飾を設置。ソーラーバッテリーのLEDライトのため天候に左右されるが、晴れた日にはより長い時間光を楽しむことができる。

 元々、美化活動の延長で地域をきれいにし、「犯罪のない安全なまちに」との思いで始めた中里さん。「普段真っ暗な道なので、高校生も楽しんでくれている。今年も皆さんの協力で仕上げることができた」と、感謝をにじませた。

生田8丁目の「イルミネーションストリート」
生田8丁目の「イルミネーションストリート」

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook