多摩区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

【Web限定記事】市民団体 反差別条例の課題検証 制定2年「ヘイトは拡大」

社会

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena
報告に聴き入る参加者たち
報告に聴き入る参加者たち

 全国で初めてヘイトスピーチに刑事罰を盛り込んだ「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の制定から2年が経過した。川崎市労連会館(川崎区)で12月9日、条例制定後2年間の経過や成果、課題について学ぶ市民集会が開かれた。

 「ヘイトスピーチを許さない『かわさき市民ネットワーク』」(関田寛雄代表)が主催。同ネットワークの事務局の三浦知人さんが登壇し、報告を行った。三浦さんは「今なお続き、拡大するヘイト街宣に対し、監視の目を強め、抗議活動を粘り強く続ける市民運動の力が最大の成果」だと強調した。条例の効果として、露骨なヘイトスピーチがなくなったことを挙げた。一方で「差別主義者は選挙活動や政治活動の一環として、差別街宣を繰り広げている」と指摘。「特に、川崎区池上町の『不法占拠』や朝鮮学校への差別キャンペーンは許せない」と三浦さんは憤った。

 差別主義者の言動がエスカレートしている点について「市が毅然とした実効性ある対応をしなかったがゆえ」と、三浦さんは市の姿勢に厳しい目を向けた。「一部では条例を作ってまだ(反ヘイト活動を)やっているのかという声があるが、差別は続いている。このことを放っておいていいのか。市民社会に明らかにしていく作業が必要」と力を込めた。

 同団体の崔江以子(チェカンイヂャ)さんからは、インターネット上の差別的書き込みについて報告があった。崔さんは差別言動にあたるかどうかの判断について市職員が足切りするのではなく、川崎市差別防止対策等審査会に諮るべきと訴えた。

 集会では、川崎区桜本の識字学級などに通うハルモニ(おばあさん)からのビデオメッセージが流され、「言葉で人を刺すのはやめてほしい」との切実な思いを紹介。川崎駅前で読書を通じて差別主義者を監視する「駅前読書会」などの団体によるリレートークも行われた。

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook