多摩区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

菅町会70周年 隠れた名所や魅力募る 記念誌制作へ、参加型企画

コミュニティ文化

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
会館窓口に設置されている応募箱
会館窓口に設置されている応募箱

 人口およそ4万4千人、約2万2千世帯が住む菅地区。創立70周年を来年迎える菅町会(濃沼健夫会長)は記念誌制作に向け、地域の名所や魅力にまつわる3つの住民参加型企画を立ち上げ、今月から情報を募っている。

 菅町会は1953年に発足。菅と菅稲田堤、菅野戸呂、菅馬場、菅北浦、菅仙谷、菅城下の7つの町から成る。60周年に先駆けて15年前に発行された記念誌では、296ページにわたって町会発足前後の主要な歴史を事細かく記していた。

 70周年の記念誌制作にあたっては編集委員会が昨年から準備を進め、町会に限らず菅地区の情報を幅広く集めることを検討。歴史年表や人物紹介の企画に加えて、住民から募集しようと立案したのが「菅のトリビア70」「菅の魅力・未来70」「菅の風景70」の3企画だ。委員会の望月幸男副会長は「町会から『まち』へ出ようというのがテーマ。為政者の歴史だけでなく、ここに暮らしてきた人々の生活、地域に伝わる習俗みたいなものを拾い上げたい」と思いを話す。

 トリビアでは「知られていない『ヘェ〜!』情報」として、隠れた名所や雑学を募集。委員会は例として、「織田信長も信仰したという『第六天』の祠(ほこら)が菅野戸呂の水道みち脇にまつられている」を挙げる。「魅力・未来」では、地域の好きなところや思い出、未来へのメッセージを20文字以内で募る。家族や友人との応募も可能で、採用者の笑顔の写真を撮影し、メッセージと共に記念誌に載せる。「風景」では菅の自然や祭、寺社、新たに発見した景色等の写真を募集。1、2年以内に撮影した未発表作品が対象で、行事はコロナ前に撮影した写真も受け付ける。

 委員会の真鍋るり子会長は「この企画を通して町会に関心を持ってもらえたら。そして記念誌も見てほしい」と語る。菅町会の濃沼会長は「菅に関わっている皆さんの参加が必要。いろんな声を織り込むことで、菅全体をお祝いする形になる」と期待を込める。

 トリビアとメッセージは9月末、写真は11月末募集締切。記念誌は来春の完成を目指す。参加は菅会館窓口に置いてある応募箱か、菅町会ウェブサイトの応募フォーム。

(左から)60周年記念誌を手にする委員会の真鍋会長、委員の錦織由美子さん、チラシを持つ望月副会長
(左から)60周年記念誌を手にする委員会の真鍋会長、委員の錦織由美子さん、チラシを持つ望月副会長

多摩区版のトップニュース最新6

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

学生が「たまずん」研究

明治大農学部

学生が「たまずん」研究 教育

24時間の観察記録、展示

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook