多摩区版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

子ども会稲田部会 「しり相撲」で代替大会 感染対策 2年目に100人

スポーツ

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
団体戦男子の部の試合(上)、各部門で優勝した参加者
団体戦男子の部の試合(上)、各部門で優勝した参加者

 多摩区子ども会連合会稲田部会は6月19日、背中合わせで尻を押し合う「しり相撲大会」を稲田小学校で開催した。コロナ禍で中止になった相撲大会の代替企画で、昨年に続き2回目。堰と長尾、宿河原地区の親子100人ほどが参加し、交流を楽しんだ。

 稲田部会では2020年、恒例の相撲大会を中止に。翌年、対面で接触する相撲の代わりに感染対策をしながらできる企画を検討した。大津博之会長は「腕相撲などいろんな案があった。しり相撲が一番対策になると話し合って」と振り返る。

 今回は学年ごとに個人戦や3人抜き横綱戦、団体戦を実施。足が動いた方が負けで、「始め」の合図で尻を押し合い熱戦を見せた。個人戦で優勝した川村凌雅さん(堰・小5)は「難しかったけど勢いで勝てた」、藁谷侑希さん(宿之島・小4)は「できるだけ相手の攻撃が当たらないように頑張った」と感想を話した。

 大会運営は地元のスポーツ推進委員や青少年指導員がサポート。推進委員を16年務める幡谷孝さんは「行事中止では子どもたちも発散できない。(しり相撲は)いい機会だと思う」と語った。大津会長は「運動会等も感染対策を取りながら工夫してやろうと思っている。来年こそは相撲大会ができれば」と先を見据えた。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook