神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

宿河原小学校 「笑顔いっぱい」で未来へ 50周年、地域へ感謝示す

教育

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 市立宿河原小学校(堀川勝也校長)の創立50周年記念式典・祝賀会が11月25日、同校の体育館で行われた。

 同校は、学校の工事が始まった1973年6月30日を開校記念日と定めている。翌年の4月1日に稲田小と登戸小から分離・独立する形で開校した。2校の2年から6年生、466人が同校へ。第1回入学式で202人の1年生を迎えた。現在の児童数は783人。

 式典では、児童が練習を重ねてきた歌や劇など、多様な出し物を披露。歴代の校長やPTA会長、教職員など、約110人が出席し、50周年を祝う児童の姿を見守った。5年生は校長役の児童がクイズ番組に出演するという設定で、同校の歴史クイズを出題した。各学年の工夫を凝らした出し物に会場からは多くの拍手が送られた。

 4年〜6年生が「未来につなげ〜記念日に歌う歌〜」の歌詞をアレンジして歌い上げ=写真=幕を閉じた。実行委員委員長を務めた大貫誠介さん(6年)は「愛されている宿小を地域の人たちに見てもらえてうれしかった」と振り返った。その後、祝賀会も催された。

 スローガンも児童から募り、全校投票で「笑顔いっぱい やさしさいっぱい 未来にはばたけ 宿河原」とした。また、児童が考案した「宿小あいさつ隊(しゅく隊長、さくらちゃん、こざくらちゃん」というキャラクターが転写されたクッキーなども作られた。堀川校長は「地域の学校への温かい支援は50年変わらない。これからも応援してほしい」と話した。

弁護士会主催の街かど相談会

相続、不動産、借金、解雇、離婚など、どんなことでもまずはご相談ください!

https://www.kanaben.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

改定に向け意見募集

生田緑地ビジョン

改定に向け意見募集

3月15日まで実施中

2月23日

スーパーカップV

スーパーカップV

フロンターレ

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

「おんまち」育ち5人が出演

「おんまち」育ち5人が出演

20周年CM、配信中

2月23日

春の多摩区を楽しむ

春の多摩区を楽しむ

観光協会ツアー 3月29日

2月23日

対話で持続可能に

視覚障害者の働き方 ダンウェイ

対話で持続可能に

2月23日

「バンバンなら私もいける!」

【ブラッサムリフレッシュオープン】2月19日㈪ 新台入替 ポラリスにも最新台登場!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月2日0:00更新

  • 1月12日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook