神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2024年2月23日 エリアトップへ

川崎市消防航空隊 被災地で多くの活動担う 能登半島地震受け

社会

公開:2024年2月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
派遣された消防ヘリコプター「そよかぜ2」と佐藤さん=東京ヘリポート
派遣された消防ヘリコプター「そよかぜ2」と佐藤さん=東京ヘリポート

 川崎市消防航空隊は、1月1日に起こった能登半島地震を受け、翌2日から20日までの期間、4回被災地へ派遣され、さまざまな活動を担った。

 同隊の消防ヘリコプター「そよかぜ2」が東京ヘリポートを離陸したのは、2日の午前7時47分。石川県小松空港到着後、現地に派遣された他県の消防隊員を金沢市内から能登町へ輸送した。道路状況が悪く、陸路では、各都市から応援に駆け付けた消防部隊が現場まで近づくことが困難な状況だったという。

あらゆる可能性を想定

 2回目の派遣では、孤立地区となっていた輪島市内の漁港に、空中から隊員をロープで降ろし、安否が分からなくなっていた2人を探した。派遣された同隊の佐藤悠さん(45)は「家屋の下敷きになっていた場合など、あらゆる可能性を想定して任務にあたった。安否不明者がケガもなく、無事に見つかったときは、心からほっとした」と思いを語った。被災地に対しては「土砂災害で道が寸断されているなど、過酷な状況であることが分かった」と述べた。

 その後の派遣でも高齢者福祉施設の要介護者を安全な場所へ搬送するなどの任務を担当。4回の派遣で、延べ28人の隊員が活動した。

 同隊は「雪が降ることも多く、予定通り進まないこともあったが、少しでも現地の力になればという思いで活動を続けた」と振り返った。20日に東京ヘリポートに帰隊、すべての活動を終了したと23日に発表した。

空中からロープで孤立地区に降下する様子=同隊提供
空中からロープで孤立地区に降下する様子=同隊提供

【ナイスオン】【バンバン】

【ナイスオン】春のコースデビューキャンペーン~4月30日【ブラッサム・ポラリス】4月22日㈪新台入替

https://www.niceon-golf.jp/ http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

「多摩吹」の定期演奏会

「多摩吹」の定期演奏会

6月1日 多摩市民館

4月19日

麻生区小学校に絵本寄贈

川崎新都心街づくり財団

麻生区小学校に絵本寄贈

市長から感謝状受ける

4月19日

新百合で演芸座

新百合で演芸座

27日から29日の3日間

4月19日

菅で春のコンサート

菅で春のコンサート

4月21日 入場無料

4月19日

仮囲いで歴史伝える展示

旧市民ミュージアム

仮囲いで歴史伝える展示

4月19日

つながりのきっかけに

多摩SDC

つながりのきっかけに

4月27日 登戸でマルシェ

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook