中原区版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市議会議員寄稿 第3回定例会が閉会 自民党川崎市連青年局副局長 原典之

 今月5日、川崎市議会の第3回定例会が閉会いたしました。一般質問初日(6月30日)、10番目に質問させて頂きました。

 今回初めて一般質問に臨み、地元で生まれ育った私としては皆さんとの触れ合いや会話の中からたくさんの思いもあり要望も頂きましたが、まずは3つの質問をさせて頂きました。

【1】等々力緑地について

 再編整備計画において、多摩川と等々力緑地の一体化を考える中で近隣住民にはどういった説明があるのか?

 釣り池の水質問題・桜の園は存続するのか?

 高度水質処理施設フェンスの問題は?

【2】小杉小学校(仮称)

 日本医科大学と川崎市は基本合意をして1年経つが細目な協定書は出来ているのか?

 開校時期は?学区は?

【3】災害時における消防団について

 大震災時には一般電話・携帯電話は全く通じず団員招集は困難を極めたが今後の対策は?加えて、中原区のみ行われているメールによる招集を全市において整備の強化を。

 いずれも前向きな答弁を頂き、一歩一歩、市民生活を向上するために動き出して頂きたいと思います。

 今後も地域の皆様とのコミュニケーションの中から、しっかりと議会に訴えてまいりたいと思います。
 

自民党川崎市連青年局副局長 原典之

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク