中原区版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

楽しいプールや海の季節だからこそ 気をつけたい夏の病気 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 いよいよ夏。プールや海が楽しい季節だけに、耳・鼻・のどに関する病気には注意したい。『すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉』に取材した。

 もうすぐ子どもたちの楽しみな夏休み。プールや海に行く機会も多くなるだろう。「重要なのは入る前に耳垢をとっておくことです。そのままにして泳ぐとふやけて化膿し、中耳炎や外耳炎になることがあります。耳垢が奥に入ったり、鼓膜を破いてしまうこともあるので、幼児や耳掃除が嫌いな子どもには無理をしないで下さい」と鈴木院長。

急性中耳炎

 この時季は子どもの中耳炎が多く発生しており、風邪を引いていると、鼻や喉の細菌が耳管を通って中耳に入り込み、急性中耳炎を引き起こすきっかけになるという。「耳が痛くなり、熱が出ることもあります。赤ちゃんの場合は機嫌が悪くなったり、耳を気にする仕草が見られます」。放っておくと難聴気味になることがあるので、早期発見・早期治療が必要とのこと。

 大人でも、必要以上に耳掃除をして皮膚を傷つけ、かさぶたが出来てかゆくなり、取ろうとしてまた汁が出るといった悪循環になってしまうことも。それが原因で外耳炎などの病気を引き起こすこともあるという。

夏風邪やアレルギー

 暑さによる睡眠不足や食欲不振、冷房による気温差や乾燥から免疫力が低下し、子どもの夏風邪も流行る時季。発熱やのど痛、のどの水泡、目の充血、手足の発疹などの症状が見られるとのこと。プール熱やヘルパンギーナの可能性も。

 鼻風邪と思っていたら、実はイネ科のアレルギーだったということもあり、鼻が詰まっていることで喉の炎症を起こすことも。この場合は鼻粘膜を収縮させるラジオ波治療で対応。6歳位から可能で、治療そのものは2分程度。鼻が詰まった状態でも治療できる。費用は保険適用で片鼻2700円。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

家事のお願い上手になろう

家事仕事のマッチング

家事のお願い上手になろう

3月9日号

絵本通じて「多様性」楽しむ

川崎市「いろいろブックフェア」

絵本通じて「多様性」楽しむ

3月9日号

「あなたの家事力、仕事に活かせませんか」

その疑問、ドコモスマホ教室で解決

「スマホって便利なの?」「アプリで何ができるの?」 ドコモショップ武蔵小杉店

その疑問、ドコモスマホ教室で解決

3月2日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

3月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク