中原区版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市人事委員会 3年連続で給与引下げ勧告 ボーナスは改定見送り

経済

 川崎市人事委員会はこのほど、市職員の平均年間給与を0・2%(1万3000円)引下げるよう勧告した。期末・勤勉手当(ボーナス)は民間の支給割合とおおむね均衡していることから3年ぶりに改定見送りとなった。

 同委員会では職員の給与や勤務時間などの勤務条件に関する措置要求の審査や、給料表改定の勧告などの権限を持つ。

 6月から8月にかけて、市内の民間事業所のうち、企業規模50人以上、かつ事業所規模50人以上の110事業所を対象に、職種別民間給与実態調査を実施。7988人から回答を得た。

 この結果、月給は民間給与40万733円に対して市職員の給与40万1546円と813円(0・2%)上回り、期末・勤勉手当(ボーナス)は民間支給割合3・97ヵ月分に対し市職員3・95ヵ月と0・02ヵ月分下回ることとなった。

 月給の引下げ勧告は3年連続となり、この給与勧告を受け入れると全職員の平均年間給与は勧告前の640万5000円から1万3000円引下げられ、639万2000円となる。病院・交通・水道などの企業職を含んだ場合は約1億7000万円の人件費削減となる見込み。なお、若年層については改定を行わず、中高年層を中心に引き下げ、管理職層を平均改定率より大きく引き下げる。

 この勧告を踏まえて、阿部孝夫市長は、市職員の給与水準を民間に準じさせるとともに、国やほかの地方公共団体との均衡を考慮した条例の見直し案を今月28日から始まる市議会に提出する。可決されれば、今年4月から11月までの月給の差額を12月の期末手当で調節することになる。
 

中原区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

街路灯に、長寿命のLED

小杉若葉通り会

街路灯に、長寿命のLED

3月16日号

人種差別条例に刑事罰を

市民団体

人種差別条例に刑事罰を

3月9日号

気分はカー娘「そだねー」

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

70周年で「大同窓会」

西中原中

70周年で「大同窓会」

3月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク