中原区版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

多摩川 アユの遡上 過去最多 推定285万尾

多摩川を遡上するアユの群れ(写真は京浜河川事務所提供)
多摩川を遡上するアユの群れ(写真は京浜河川事務所提供)

 多摩川を遡上したアユが06年に調査を開始して以来最多の約285万尾を記録した。国土交通省京浜河川事務所が25日、速報値を発表した。高度成長期には死の川とさえ呼ばれた多摩川だが、水質の改善とともに清流の象徴が戻り始めている。

 調査は調布取水堰(東京都大田区)で目視によって実施し、単位時間あたりの遡上数から算出した。3月23日から調査を開始し、6月12日までの推定数を約285万尾とした。

 同事務所によると、調査を開始した06年は約90万尾を記録。09年には約47万尾に落ち込んだものの、10年の196万尾から3年連続で増え続けて、最多記録を更新した。

 多摩川の水質は高度経済成長期に悪化したものの、近年は大幅に改善。水質を表す指標のひとつBOD値(生物化学的酸素要求量)をみると、99年頃から主要な調査地点で魚の生育条件の目安となる基準値を満たすことが多くなった。

 京浜河川事務所は「増えた要因は一概に言えないが、水質が良くなっているのが一つの要因ではないか」としている。

 川崎河川漁業協同組合の総代、山崎充哲さんは「数は間違いなく多いが、やや小ぶり。沢山釣れるので釣り客が増えている。青梅まで遡上しているようだ」と話している。

 多摩川を遡上したアユは餌の水苔を巡って縄張り争いをしながら成長する。秋には中流域の浅瀬で産卵して一生を終える。卵から孵化した稚魚は海に下りて春までプランクトンを食べて成長し、春になると川を遡上し始める。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク