中原区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

外国人が防災訓練 絵文字で行動がスムーズに

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena
初めての消火体験
初めての消火体験

 川崎市国際交流センターで2月21日、「外国人市民とともに行う防災訓練」が行われ、同センターの日本語講座に通う外国人や地域住民、周辺保育園の園児など約180人が参加した。

 6回目の開催となった今回は、日本語の分からない外国人とのコミュニケーション問題を解決するため、専修大学ネットワーク情報学部の3年生が協力して誰が見ても情報や注意が一目で見て分かる絵文字「ピクトグラム」を初めて採用した。171災害用ダイヤルや起震車、防災用品、炊き出しなどの場所を絵文字で示すことで、日本語の分からない外国人もスムーズに行動することが出来ていた。同学部の小菅航平さんは「防災用のピクトグラムはほとんど存在しない為、オリジナルで作った。文化が違う外国の方にも分かりやすく表現することが難しかった」と話す。

 当日は中原消防署によるはしご車を使った救出訓練やAED体験なども行われ、参加者らが真剣な表情で臨む様子が印象的だった。

専修大生が作ったピクトグラム
専修大生が作ったピクトグラム

中原区版のローカルニュース最新6

「中小企業支援」誓う

「中小企業支援」誓う 経済

川崎商議所が80周年

10月16日号

イルカやクジラを紹介

夜カワスイ

イルカやクジラを紹介 文化

実寸大をスクリーンに投影

10月16日号

住宅地、商業地とも下落

基準地価中原区

住宅地、商業地とも下落 経済

県・市変動率は上回る

10月16日号

「いのちの電話」の現状とは

コロナ禍でニーズ拡大

「いのちの電話」の現状とは 社会

川崎センター 有田事務局長に聞く

10月16日号

本を通してスポーツ応援

本を通してスポーツ応援 文化

中原図書館で特集

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク