中原区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

衆院選 10区田中氏、18区山際氏が議席獲得 城島氏、中田氏ら及ばず

政治

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
支持者らと万歳する山際氏(写真左の中央)と、満願成就しダルマに眼入れする田中氏(写真右)
支持者らと万歳する山際氏(写真左の中央)と、満願成就しダルマに眼入れする田中氏(写真右)

 14日に投開票された衆議院議員総選挙で、3人が立候補した神奈川県第10区(川崎区・幸区・中原区の一部)では、自民党の田中和徳氏が7度目の当選を果たした。また、同18区(宮前区・高津区・中原区の一部)では自民党の山際大志郎氏が他の4候補を抑え4回目の議席を手にした。

第10区

 田中氏の事務所では、午後8時頃から続々と支持者が集まり、テレビで情勢を見守った。開票から僅か10分ほどで当確が報じられると、支持者らは手を取り合い歓喜に沸いた。

 用意された約70席を埋めるほどの支持者が駆けつけた頃に姿をみせた田中氏は「皆さまのおかげで当選でき感謝したい」と挨拶。しかし、その後は表情を引き締め「選挙期間中に駅頭で配るチラシをなかなか手にしてもらえず、前回より投票率が下がると感じた。民主主義にとって重要な国政選挙であり大きな課題だ。もう一度原点を見直し、有権者の声に耳を傾けなければならない」と低投票率への危機感を口にした。

 また今選挙の争点の一つだったアベノミクスについては「GDPの値からしてもまだ踊り場の状況。国民の理解と支持を頂きながら前進させるとともに、党役員として市民・国民の生活を守っていく」と誓った。

 一方、民主党元職で元財務大臣の城島光力氏は選挙期間中、「民主主義の危機。弱い立場の人がますます弱い方へ追いやられる」と訴えたが、比例復活も果たせず議席奪還ならなかった。城島氏は「全力投球したが、有権者の心を捉えることはできず、おわびしたい」と支持者に陳謝した。

 また、共産党の中野智裕氏は翌15日の報告会で「全国では選挙前の8議席から21議席に伸ばし、県でも畑野君枝氏が当選し躍進した。10区も前回の2倍近い得票率を頂いた」と話した。

第18区

 5氏が乱立し、激戦となった18区を制したのは山際氏だった。

 当日、事務所には開票前から本人や支持者らが集まり、手応えを感じている様子で朗報を待った。テレビで当確が伝えられると、会場は笑顔に溢れた。山際氏は「中田氏が圧倒的な知名度を誇っていた中でも、自分の訴えが変わることなく戦えた。これまでの政治活動をこの選挙でも愚直に繰り返すことができた」と選挙戦を振り返った。

投票率、小選挙区制後で最低

10区は51・88%、18区は53・34%

 また、山際氏は有権者に対し「政治ができることは限界がある。アベノミクスは環境整備という一面もある。メーンプレーヤーは国民一人ひとり。ぜひやる気を出して頂き、経済再生のために、それぞれの立場で汗を流していただきたい」と呼びかけた。

 一部報道で接戦が報じられながら敗れた次世代の党の中田宏氏は「全ては私の力不足。手応えは感じてはいたが結果につながらず申し訳ない」と肩を落とし、支持者らに陳謝した。また今後については「日本を立て直したいという思いだけ。これを教訓にし、前に進んでいきたい」と語った。

 維新の党の北村造氏、共産党の塩田儀夫氏、生活の党の樋高剛氏は、いずれも残念な結果となった。

大戸地区は54・05%

 中原区では10区と18区に区割り変更されて以来、初めての選挙となった。しかし全国同様、今選挙に対する有権者の意識は低く、10区の投票率は小選挙区制が導入された1996年以降で最低に。18区でも現区域となった2003年以降で同じく最低を記録した。

 小選挙区における10区の投票率は、前回より6・64ポイント低い51・88%で、中原区(10区)は同6・39ポイント低い55・11%。

 18区の投票率は、同5・76ポイント低い53・34%で、中原区(18区)は54・05%だった。
 

選挙事務所で敗戦の弁を述べる、城島氏(右)と中田氏(左)
選挙事務所で敗戦の弁を述べる、城島氏(右)と中田氏(左)

中原区版のトップニュース最新6

8年ぶり男女で県V

市立橘高バレー部

8年ぶり男女で県V スポーツ

「春高」への切符掴む

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化

12月6日号

30日、武蔵小杉に乗り入れ

相鉄・JR直通線

30日、武蔵小杉に乗り入れ 経済

県央部へのアクセス向上

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

国の登録記念物へ

二ヶ領用水

国の登録記念物へ 文化

市内では2件目

11月22日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク