中原区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

小杉の階段レース、白熱 中原消防署員・団員も活躍

社会

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント主催の防災フェスの一環として、14日、小杉のタワーマンション「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」でステアレース(階段駆け上がりレース)が行われた。

 全国の消防署員や団員ら160人が参加。川崎市からも署員14人、団員7人が出場した。消防署員は防火帽や防火衣など20キロの装備をし、団員は装備無しで59階999段の階段を駆け上がった。

 レースはとても過酷で、居住者やメディアの立ち入りが許された45階の時点では、ふらつく選手が続出=写真=していたが、居住者の応援の声で最後の力をふり絞ってゴールを目指していた。

 優勝は静岡消防局の望月将悟さん(37)で、7分37秒のタイムだった、川崎市消防局からは中原署に勤務する村上丈史さん(31)が8分19秒で5位となり、消防団の部では、中原消防団の松浪健太さん(23)が優勝した。大会を運営した日本警察消防スポーツ連盟の小玉敦司さんは「モニター車で観覧する方がいるなど、注目を浴びた大会となった。過去最大の階段数で選手は厳しかったと思うが、上位のタイムはさすがという記録」と話した。

防災フェスで蝶野さんが心臓マッサージ伝授

 市民館をメイン会場に行われた防災フェスは多くの人達で賑わった。参加者らは災害時のトイレや降雨体験車、非常時の食事、防災井戸汲み上げなどの体験を通じて防災意識を高めていた。また、プロレスラーの蝶野正洋さんもゲストで登場し心臓マッサージの指導を行った=写真。NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの安藤均理事長は、「階段駆け上がりレースと防災フェスのコラボという初めてのイベントで不安もあったが、多くの人が集まってくれて良かったと思う。3月11日の後のイベントということで、防災意識を高める良いきっかけになったのでは」と述べた。

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter