中原区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

市立井田病院 4月から全面開院へ がん、救急医療を強化

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 2009年から再整備が進められてきた市立井田病院の工事がこのほど完了し、4月1日より全面開院となる。救急センター、内視鏡センター、化学療法センターが拡充し、「がん医療」、「救急医療」の機能が強化された。

 市立井田病院は地域住民の要望に応える公立病院として川崎市が1949年に開院。川崎市内で唯一の結核患病棟を有し、がん患者やその家族をサポートする「緩和ケア病棟」を設置するなど特色ある医療活動を展開。06年には質の高いがん医療を提供する「地域がん診療連携拠点病院」にも認定されている。

 しかし、施設の老朽化が進んだことや、今後の高齢化に伴う医療需要の拡大に対応するため09年7月に改修工事に着手。旧1号棟から3号棟の工事を段階的に進め、免震構造を採用した新棟として一つにまとめた。12年5月には、ICU(集中治療室)やデイルームなどの一部が開き、4月1日から全面開院となる。橋本光正病院長は「施設がより充実し、今後さらに質の高い医療を提供していきたい。夜間や休日の救急受入れ体制も強化し、これまで以上に近隣医療機関とも連携強化をはかり地域完結型の医療を目指したい」と話している。

3センターが拡充

 内視鏡センター=写真【1】=は、検査ブースを3室から6室(X線透視室1室含む)に拡充。消化管のほぼすべての内視鏡診断と治療が可能になった。化学療法センター=写真【2】=は、ベッド9床とリクライニングチェアー8台を設置。結核患者の治療に必要な個室3部屋も完備した。また、救急センターを新設=写真【3】。重症処置室と中等症対応処置ベッド等が設けられ、CT検査室と隣接させることで救急時の迅速な対応が可能となった。

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook