中原区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

7月2日からパリで行われる『Japan Expo』に作品を出展する写真家の 杉本 恭子さん 小杉町在住 57歳

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

人と人を結ぶ写真を

 ○…アニメ、ゲームなどの大衆文化や書道、武道、工芸などの伝統文化が一堂に会する日本文化の博覧会『Japan Expo』。毎年7月にパリで開催されるこのイベントに全紙サイズ(457㎜×560㎜)の写真『養花』を出展。夜にライトアップで照らされた桜が真下の水面に写り、幻想的な雰囲気を醸し出す。「日本的な静けさや雰囲気が海外の人にも伝われば。日本の美しさを見に来てほしい」と思いを語る。

 ○…写真を本格的に始めたのは約20年前。長年SEの職に就いていたが、「転職しよう」という思いが募り一念発起。大自然や四季折々の風景など、大好きな日本の美しい自然を残したいと写真家をめざした。一から技術を学び、4年目で新人写真家の登竜門と言われた東京銀座富士フォトサロンで個展を開催。その後、独立してプロカメラマンの道へ。『写真は写心』がモットーで「気持ちを込めた写真は見る人に伝わる。撮る人、見る人が1枚の写真を媒介して心と心を結ぶ」。そんな思いでシャッターを押し続けている。

 ○…体を動かすことが好きで、学生時代はバドミントン部で汗を流した。最近は「月に1〜2回はやっている」というテニスやゴルフで息抜きをする。近々、夫と予定している沖縄旅行では、シュノーケリングやサイクリングなどを計画。写真教室の生徒たちと撮影を目的とした旅行に出掛けるのも大好きだ。

 ○…新聞掲載された写真をきっかけに交流が始まった長野県の阿智村。「日本の原風景が残る」というこの場所で、撮影スポットを記した地図作りや写真教室など、10年以上にわたり写真を使った町おこしに取組んでいる。今年3月には拠点となるギャラリーを開設。実は今回の出展写真の桜も阿智村のものだ。「今後も色々な地域おこしに携わりたい。いつか写真を通してそれらを繋ぎたい」。そんな日を夢見て、これからも風景写真を撮り続ける。
 

中原区版の人物風土記最新6

川島 邦博さん

協同組合武蔵小杉商店街の理事長に就任した

川島 邦博さん

市ノ坪在住 71歳

4月16日号

石川 雄大さん

アイスホッケーチーム「東京アイスバーンズ」の主将で、北京冬季パラ五輪への出場をめざす

石川 雄大さん

多摩区在住 23歳

4月9日号

川連 昌久さん

3月末に解散した「自転車と共生するまちづくり委員会」の代表を務めた

川連 昌久さん

新丸子東在住 83歳

4月2日号

パースポング マールットさん

タイ出身で、外国人市民として機能別消防団員になった

パースポング マールットさん

上小田中在住 28歳

3月26日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

区内在住 73歳

3月19日号

織戸 一郎さん

5台目の移動採血バスを先月、県赤十字に寄贈した(株)織戸組の代表を務める

織戸 一郎さん

田尻町在勤 66歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter