中原区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

(PR)

恥ずかしい「大きないびき」原因は『睡眠時無呼吸症候群』? 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena
鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 恥ずかしくて相談しにくい「大きないびき」。「友人と旅行に行ったらいびきが大きいとイヤな顔をされた」「入院中に看護婦さんに大きないびきを指摘された」など、多くの相談者が訪れるすずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきの相談〉の鈴木敏幸院長に取材した。

狭くなる空気の通り道

 「いびきは睡眠中に気道(空気の通り道)が狭くなることで振動する音です。例えば、仰向けで寝ると舌が重力で気道を狭くします。加齢による筋力の低下や舌が重かったり、扁桃肥大、口呼吸の場合もいびきが出やすいです。また、気道が塞がることで睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性もあります」と鈴木院長。

女性にも多い症状

 睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活にさまざまな障害を引き起こすSAS。男性だけでなく、女性にも悩む人が多いという。「この病気は本人に自覚がなく、家族や友達から指摘されることがほとんど。高血圧や心筋梗塞、脳卒中を起こす危険性は3〜4倍になり、メタボリックシンドロームや糖尿病との関連もあります。昼間の眠気が様々な支障をきたすことも多いです」と話す。

検査は夜から朝

 同院は電子内視鏡、モニタリング顕微鏡システムも導入しており、幼児のいびき相談も多いという。検査は夜11時に来院して(応相談)、翌朝4〜7時に帰ることができ、仕事や家庭への負担も少ないという。症状が軽ければマウスピースでの治療が可能。作成費は保険適用で6千円から7千円。ほかに、CPAPや口腔内装置、ラジオ波がある。

ラジオ波治療

 いびきの原因となる鼻づまりや扁桃肥大に効果的。内服・点鼻治療やレーザー治療で鼻閉が改善しないアレルギー性鼻炎に対して有効という。6歳位から可能で治療は2分程度。保険適用で片鼻2700円。

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

平日昼限定キャンペーン!

KCSセンター区内3院

平日昼限定キャンペーン!

「姿勢医学」を追求、芸能人にも応対

10月23日号

かわさき南・北斎苑の現状は…

かわさき南・北斎苑の現状は…

変更点多数 、「事前相談」で確認を

10月23日号

活躍できる企業とマッチング

ミドル・シニア世代対象 26日から申込受付

活躍できる企業とマッチング

11月17日 産業振興会館

10月23日号

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

10月24日(土)、25日(日)見学会

10月23日号

館長に聞く「コロナに関する葬儀」

館長に聞く「コロナに関する葬儀」

平安会館みやうち ご葬儀相談受付中

10月23日号

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク