中原区版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

(PR)

マイコプラズマ肺炎・アレルギー 「止まらない咳」の原因は? 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 平成23年、24年に大流行した「マイコプラズマ肺炎」が、今年は全国的に増加傾向にあるという。すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきの相談〉の鈴木敏幸院長に話を聞いた。

マイコプラズマ肺炎

 マイコプラズマ肺炎は細菌による呼吸器系の感染症。長引く乾いた咳と発熱が特徴で、治療しないと重症化し、重い肺炎や髄膜炎、脳炎を引き起こす可能性もある。感染経路は風邪やインフルエンザと同じで患者のくしゃみや咳を通しての飛沫感染があげられる。

 「初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間程度。患者の8割が14歳以下の子どもです。学校や職場など一定数以上が集まる場所で広がることが多く、予防には手洗い・うがいが有効です」と鈴木院長。ピークは12月から1月のため、今後も動向に注意が必要とのこと。

 また、苦しい咳が長く続くと百日咳が疑われる。乳幼児の場合は、肺炎などを併発して重症化することもあるので、「なかなか改善しない場合は、専門医に相談し、原因の把握が必要」という。

アレルギーの可能性も

 アレルギーが咳の症状を引き起こすこともある。鼻閉で口呼吸になり、のどが乾燥することで咳をおこす疾患にもなりやすくなる。対策として腫れた鼻粘膜を収縮させるラジオ波治療がある。鼻が詰まった状態でも治療でき、治療そのものは2分程度。6歳位から可能で、費用は保険適用で片鼻2700円。鈴木院長は「咳症状は多数みられるので、適切な治療をすることが重要です」と話している。

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter