中原区版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

地元の寄席やイベントに出演し、平和・反戦を訴えるアマチュア落語家の 中島 邦雄さん(高座名:寝床家(ねどこや) 道楽(どうらく)) 中丸子在住 81歳

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena

笑いで平和な社会訴え続け

 ○…「きっかけはイラク戦争だった。テレビで悲惨な映像を見て、改めて戦争がむごいものだと感じた。自分に何かできることはないか」と思い、東京大空襲で親・兄弟を亡くした自身の体験を落語にして披露しようと決めた。そんな中で生まれた創作落語『生き字引』は、「憲法9条を世界遺産にしよう」という平和への願いが詰まった話だ。2004年に披露して以来、多くの場所で話してきた。

 ○…「おもしろいし、小さい時の生活の記憶が蘇るんだよね」と、ラジオから聞こえてくる落語に親しみを感じるようになった20代の頃。話の技術は落語全集を読み、寄席に足を運び、少しずつ覚えていったという。40歳になったあたりから本格的に人前で話しはじめ、「地域の人に聞いてもらえる機会を」と神明神社(上小田中)でスタートした「むさし寄席」は20年以上経った今でも続いている。現在は年間に50本ほどの寄席に出演。「声をかけてもらったら基本は断らない」とデイサービスや平和関連のイベントなどさまざまな場所で話している。

 ○…浅草で生まれ育ち、5歳の時に太平洋戦争が始まった。集団疎開先だった宮城県で終戦を迎えると、その後、東京に戻り高等学校を卒業して裁判所の速記官となった。職場で出会った夫人との間には3人の子どもに恵まれ、孫も6人と家族が集まる場では一層にぎやかになる。「家族が一番大事だし、そのために健康でなきゃならない。そして、それを実感できる社会は平和が大前提」と話す。

 ○…中原空襲を記録する会の会長を務め、子どもたちに戦争の悲惨さなどを伝えている。しかし、現実は安保法案の可決など、願いとは逆の方向に進んでいると見る。「70年前に体験したことが、起こりそうでとても不安」と歯がゆさを滲ませる。「皆さんが笑って過ごせる社会が大事。それができる世の中であってほしい」。今日も平和を祈って高座に上がる。
 

中原区役所

中原区民祭のポスター応募作品展示中

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月30日号

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

笹田 恵子さん

今月オンライン開催されるコスギフェスタでMCを10年間務める

笹田 恵子さん

中丸子在住 52歳

10月9日号

那須野 純花(あやか)さん

発足5周年を迎えたグリーンバード武蔵小杉チームのリーダーを務める

那須野 純花(あやか)さん

幸区在住 23歳

10月2日号

小野 聰(さとし)さん

「川崎ウオーキング協会」で多摩川沿いを1900Km歩いた記録を持つ

小野 聰(さとし)さん

下小田中在住 76歳

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク