中原区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

市立橘高 女子ソフトテニス部初の全国へ 創部75年目の快挙

スポーツ

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
歓びを胸にさらなる高みを目指す
歓びを胸にさらなる高みを目指す

 市立橘高校女子ソフトテニス部が、先月行われた関東選抜大会兼全国選抜関東地区予選会で団体3位となり、初の全日本選抜大会への切符を手にした。チームワークと粘り強く向かっていく精神を全国でもみせる。

 同大会に出場したのは、鈴木加奈子(2年)・安土月乃(1年)ペア、杉田来未(1年)・佐藤史摩(1年)ペア、芝本晴奈(2年)・三野友希(2年)ペアの3組。同大会はトーナメント方式で行われ、1対戦につき1ペアずつ3試合行い、2勝したチームが勝ちあがる。同部は1回戦つくば国際を2対0でくだし、2回戦の高崎商業戦では、粘りをみせ2対1で勝利をもぎ取った。準決勝では僅差で勝利を逃したものの、3位入賞が決まり全日本選抜への出場が決定。創部75年目の快挙に、同部は歓喜した。夏の県高校総体では団体3位入賞にとどまり、インターハイ出場を逃した悔しい思いをしただけに、喜びもひとしおとなった。

捲土重来(けんどちょうらい)を期(き)す

 「夏の結果をバネに先輩方の思いを継いで頑張ってきた成果」とキャプテンの鈴木さんは振り返る。「捲土重来を期す」の言葉は、「1回負けた者が、強くなって巻き返す」という意味を持つ。応援旗にもその言葉を使用し、一人一人がこの言葉をモットーとして胸に刻み練習に励んできた成果が、全国選抜へ結びついた。

 顧問の塚野剛史さんは「保護者の方の応援はもちろん、結果を真摯に受け止めて行動に移せる部員たちの姿勢が結果につながった。また、キャプテンの求心力が部員の心を一つにまとめ、良い雰囲気で練習にも試合にも臨めている」と話す。

 全日本選抜は、3月28日から愛知県で行われる。関東選抜で活躍した6人と、大野・布川・村田・五反田・国分の計11人で心を一つに全国へ臨む。キャプテンの鈴木さんは「相手の強さなどは関係ない。目の前の一戦を大切に、さらなる高みを」と、意気込みを語った。

中原区役所

中原区民祭のポスター応募作品展示中

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

区選抜5年生がV

川崎市学童野球大会

区選抜5年生がV スポーツ

限られた時間、連携深め

10月30日号

2日間、歩行者天国に

武蔵小杉駅南口前市道

2日間、歩行者天国に 社会

中原区が社会実験

10月30日号

「1千万円超」請求漏れ

井田病院光熱水費

「1千万円超」請求漏れ 社会

市、経緯公表も疑義あらわ

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 政治

税収大幅減で来年度

10月23日号

シニアへ一部無料開放

生涯学習プラザ

シニアへ一部無料開放 社会

「いこいの家」機能を実行

10月16日号

「丸子の渡し」動画で周知

復活協議会

「丸子の渡し」動画で周知 文化

祭り中止も、継承絶やさず

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク