中原区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

新城小 市歌の音をチャイムに 児童が提案「地元に親しみを」

教育

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena
中心となって活動した3人
中心となって活動した3人

 市立新城小学校(中臣信丈校長)では、今月からチャイムに川崎市歌のメロディーを導入した。児童が自ら「市歌に慣れ親しむことで地域への愛着を深めていきたい」との思いで提案し実現させた。

 同校のチャイムに市歌のメロディーを導入するきっかけとなったのは、川崎市が進めるシビックプライド(川崎への愛着や誇り)の醸成について考える授業だった。児童の多くは、市歌の存在を知っているものの、触れる機会があまり無いために歌えるほどではないという。

 「市歌を身近に感じることができれば、川崎市や地元に対してより親しみが持てるのでは」と提案し実現に向けて動いたのは、代表委員を務める6年生の小嶋涼楓さん、新谷夏海さん、野村蒼未さんの3人。昨年10月から、全校児童にアンケートを取りながら、「音色はどうするか」「流す時間帯はいつがいいのか」など、話し合いを重ねてきた。また、市歌のメロディーを憶えてもらうため、市役所で流れる音源を基に、曲の前半を午前、後半を午後に流す工夫もした。

 これまでの通常チャイムや校内放送に代わり、初めて市歌のメロディーを流したのは冬休み明けの1月10日。「みんなが新しいチャイムだと認識して行動してくれたのが嬉しかった」と新谷さん。野村さんは「色んな意見をまとめるのは大変だったけど実現できて良かった」と喜び、小嶋さんは「新城小学校に一体感が生まれたように感じられた」と笑顔を見せた。

 中臣校長は「市歌に触れることで、市や街、学校に対する愛着をより深めることができればいい。児童の挑戦が学校に新たな風を吹かせてくれたことにも意義がある。この経験を自信にこれからも成長していってほしい」と目を細めた。

 教育委員会によると、市内小学校のチャイムに関しては、導入の有無を含め各学校の教育方針に任せているという。担当者は「市としても市歌への取組みを進めているところだが、児童がチャイムに導入しようと考え実行させたのは素晴らしいこと」と評した。

中原区版のトップニュース最新6

被災記録、動画で公開

川崎市市民ミュージアム

被災記録、動画で公開 文化

文化財の防災 考える機会に

1月22日号

防災対策望む声 6割

中原区民アンケート

防災対策望む声 6割 社会

「住み続けたい」意向は強く

1月22日号

平間小が 「特別賞」

SDGsアワード

平間小が 「特別賞」 社会

全国3校目、地域活動に評価

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「新化(しんか)」のまちづくりを

「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

永山区長、2021年を語る

1月8日号

児童自ら「安全マップ」

井田共和会第4町会

児童自ら「安全マップ」 社会

登戸の事件受け、区と連携

1月8日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク