中原区版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

少子高齢社会へ訴え 「平和の文化と希望展 中原展」

社会

パネルの説明を聞く参加者ら
パネルの説明を聞く参加者ら
 「平和の文化と希望展中原展」が6月27日から7月1日まで川崎市平和館で行われ、連日多くの人が訪れ賑わいをみせた。

 初日のオープニングセレモニーには主催する創価学会の関係者や区民ら約180人が参加。少子高齢社会が進む中、主催者は「年金、医療、介護において、1965年には高齢者1人を10・8人で支えていたが2050年には1・3人で1人を支えるようになる」と指摘。平和な社会構築に向け地域社会や教育の必要性を訴える多数のパネルなどが並び、参加者らは興味深く見入っていた。

中原区版のローカルニュース最新6件

市民公開講座参加者募集

聖マリ医大専門医らが解説!「老化を遅らせる最新医学」

http://npoacademy.jp

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク