中原区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

全町連 自治会館跡地利用、市へ要望 「多目的広場として再整備を」

社会

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
移転が決まっている総合自治会館
移転が決まっている総合自治会館

 川崎市全町内会連合会(島田潤二会長)が9月25日、来年度の予算編成に対する要望書を川崎市長に提出した。中原区からは新たに「総合自治会館跡地の利活用について」の要望が提出された。

 要望書は毎年9月に市内の町内会自治会が全市、各区の要望をまとめて市長に対して提出しているもの。中原区からの要望は昨年から継続した6件のほか、新たに1件、総合自治会館の跡地の有効活用を追加した。

 総合自治会館は武蔵小杉駅周辺の大規模開発に伴い、2020年6月に完成予定の小杉3丁目東地区再開発ビルへの移転が決まっている。要望書には、今井地区に整備されていない「老人いこいの家」、子どもたちがボール遊びできる広場、防災機能などを兼ね備えた多目的空間として整備してほしい旨が記載された。

 これまで同会館周辺では、隣接していた消防署の新丸子東への移転や目の前を通る府中街道の拡幅計画などがあった。そのため、市が勉強会を開催したり、近隣町会や武蔵小杉商店街が請願や要望書を提出してきた経緯がある。

 跡地利用について市まちづくり局は「財政上の問題から採算の取れる土地活用をしたい」として、民間事業者からの提案を募り来年3月までには方針を取りまとめたいとしている。

 長年この課題に携わってきた小杉3丁目町会の五十嵐俊男会長は「残った会館をそのまま利用してもよい。利益重視ではなく、地域のみんなが使える場所にしてほしい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

30年後、「脱炭素」実現へ

川崎市

30年後、「脱炭素」実現へ 経済

排出量ゼロへ戦略策定

11月27日号

「応援券」利用で活気

「応援券」利用で活気 経済

区内1169店舗が登録

11月27日号

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク