中原区版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

川崎ブランド 「低CO2」新たに9件 カルッツで認定式

経済

右から足立会長、信号機材(株)の前島敏雄社長、福田市長
右から足立会長、信号機材(株)の前島敏雄社長、福田市長

 地球温暖化対策の一環として、二酸化炭素(CO2)削減につながる川崎発の製品・技術を認定する「低CO2川崎ブランド」の認定発表会・授与式が、2月7日、カルッツかわさき(川崎区富士見)で行われた。今年度はLEDを光源に採用した道路標識など新たに9件が認定され、制度を開始した09年度からの認定数は85件となった。

 式典では、運営を行う低CO2川崎ブランド等推進協議会の足立芳寛会長と福田紀彦市長から、受賞企業に認定証等が手渡された。福田市長は「各製品を見るとまだやれると勇気が湧いてくる。低CO2や省エネに加えて性能もより良く、世界に貢献できる」と話した。

中原区版のローカルニュース最新6件

進級・卒業を祝う

学習支援事業

進級・卒業を祝う

3月22日号

難局越え堂々の舞台

なかはらミュージカル

難局越え堂々の舞台

3月22日号

ACL制覇へ、執念の勝利

川崎フロンターレ

ACL制覇へ、執念の勝利

3月22日号

事業承継に必要なことは?

桃の里復活へ、伝統の催し

総合科学高が校外写真展

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク