中原区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

市政レポート 神奈川県後期高齢者医療広域連合議員に選出 自民党川崎市議団 原 典之

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

 令和の時代になり、初の川崎市本会議がスタートしました。臨時議会を経て6月10日より始まりました第3回川崎市議会は、7月3日をもって閉会致しました。

 会期中、私は「神奈川県後期高齢者医療広域連合(以下広域連合)議員」に選出を頂きました。広域連合では、地方自治法に定められた「地方公共団体」で広域なニーズに対応するために設置されており、広域連合議会に川崎市議会議員からは3名選ばれました。広域連合議会とは、広域連合の予算・決算・条例等の審議・決定を行う機関であり、来月行われる定例会では、平成30年度広域連合後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について上程される予定です。

 4人に1人が75歳以上といわれる超高齢化社会、いわゆる2025問題では、川崎市も現状の約14万人から20万人超に増加します。男性が9年、女性が12年と生涯寿命と健康寿命の差がある現実をみて、これを縮めていく事こそが、人生を楽しむ時期が延び、医療費が抑制され、保険料が下がる事につながります。

 保険料決定機関である、広域連合議会議員として、市議会議員として人生100年時代を楽しめる施策を、これからも提案・提言して参ります。

川崎市議会議員 原典之

中原区小杉町2-313

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6

被害を繰り返さないために

市政レポートVol.4

被害を繰り返さないために

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月18日号

必見!幼保無償化の裏側。川崎市と国とで実は財源をめぐる熾烈なバトルが繰り広げられていた!

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

市政レポート

「2025年問題」到来も、誰もがいきいき暮らせる社会へ

自民党川崎市議団 原 典之

10月4日号

SDGsで住み続けたい街へ

市政報告

SDGsで住み続けたい街へ

川崎市議会議員 川島 まさひろ

10月4日号

災害時の避難場所改めて市に要望

市政報告

災害時の避難場所改めて市に要望

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

10月4日号

被災時の仮住まいに公共施設の開放を

市政報告

被災時の仮住まいに公共施設の開放を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月4日号

カジノ誘致、知事も支持改めよ

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子 県政報告

カジノ誘致、知事も支持改めよ

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク