中原区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

川崎市 外国人相談窓口を拡充 11言語で対応 7月中めど

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
外国人相談窓口がある川崎市国際交流センター
外国人相談窓口がある川崎市国際交流センター

 4月に施行された「改正入国管理法」の施行を受け、川崎市は市国際交流センター(中原区)の外国人相談窓口を拡充させる。11言語で対応できるよう整備し、早ければ今月中にも業務が始まる。拡充を巡り、市議会文教委員会では「外国人市民が利用しやすい場所に開設すべき」との声も挙がっている。

 相談窓口は、外国人市民の在留手続きや医療、雇用、子育て、教育などでの困りごとや知りたいことを、相談員が最適な機関につなぐ役割を果たしている。これまで、日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語など、7言語で対応してきたが、国の外国人労働者の受け入れ拡大に伴う措置として、新たにベトナム語、インドネシア語、タイ語、ネパール語でも相談を受け付ける。整備費は国からの全額補助で市は1千万円、運営費は国の半額補助で1850万円を補正予算に計上した。

 市内外国人市民数は、4万3817人(5月31日時点)で3月末から1182人増加した。「改正入国管理法」の影響について市は「現時点では分からない」としている。

 窓口拡充を巡っては5月31日の市議会文教委員会で、出席議員から外国人市民の5割近くが川崎区、幸区に在住している点を指摘。「川崎駅前に相談窓口を開設すべきでは」との意見があった。

 市によると「川崎駅前の新設だと、場所探しにかなりの時間がかかる」と説明。また、同センターの窓口に昨年寄せられた相談約1600件のうち、6割が電話、1割がメールだったとし、まずは既存施設での拡充に理解を求める。一方で市は「今後の相談状況や要望を踏まえ、新たな開設場所もありうる」との可能性を示した。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

台風被害受け 要望書

小杉タワマン

台風被害受け 要望書 社会

エリマネから、市長へ

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク