中原区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

「ストレス解消」で活気を 働く人へ、8団体が企画

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
「働く人のストレス」を表現する区役所担当者(写真提供/イッツ・コミュニケーションズ)
「働く人のストレス」を表現する区役所担当者(写真提供/イッツ・コミュニケーションズ)

 武蔵小杉を働く人にやさしい街に――。そんな願いを込めた実験的な催しが、9月27日(金)、こすぎコアパークで初開催される。働く人のストレス解消を目的に、駅周辺にある企業や商業施設、中原区など8団体が共同で主催。趣向を凝らした企画を、家路につく人に提供する。

 主催するのはNEC、グランツリー、ららテラス、こすぎの大学、東急スクエア、イッツ・コミュニケーションズ、コアパーク管理運営協議会、中原区。当日は、主催団体が各自「ストレス解消」をテーマにブースを出展する。センサーを用いて「笑顔度」を測定し競い合う「笑顔認証バトル」や、エアーサンドバックを蹴るコーナー、特設ステージ上で「サラリーマンの主張」を叫ぶ企画のほか、楽器の演奏体験、骨盤のゆがみチェックなど、主催商業施設内の店舗も参加。また、高円寺の高架下で10年間、他人の愚痴を聞き続けている「グッチ菊三」さんをゲストに招く企画もある。午後6時から8時まで。飲食コーナー以外は全て無料。

 開催のきっかけは、今年1月に区役所主催で行われたワークショップ。区が進める多様な人が交流する活気あるまちづくりの一環として行われたもので、NEC社員など武蔵小杉駅周辺で働く人が参加。「健康」を切り口に、課題や共感できるテーマ、あったらいいなと思うことなどを活発に議論したところ、「サラリーマンに仕事帰りのコミュニティを」「行ってらっしゃいとお帰りなさいが合言葉の駅前スタンド」などのアイデアが支持を集めた。これを受け更に議論を重ね、「働く人が笑顔で帰宅できる交流の場」をキーワードに、今回の企画実現に至った。

 区の担当者・稲葉さんは「ワークショップを通じ小杉で働く人たちが、つながりを求めていると感じた。働く人たちのコミュニティが生まれれば、地域への愛着も生まれるのでは。働く人にとっても魅力的な小杉になってほしい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

感染者増、第2波阻止へ

市内コロナ

感染者増、第2波阻止へ 社会

研究所「PCR拡充も一因」

7月10日号

2年連続中止へ

中原区民祭

2年連続中止へ 社会

コロナ受け、安全面を考慮

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

タワマンへ情報電子板

小杉駅前エリマネ

タワマンへ情報電子板 社会

目標13棟「有益な地域情報を」

7月3日号

収蔵品搬出、完了へ

市民ミュージアム

収蔵品搬出、完了へ 社会

3カ月遅れも開館は未定

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩川をカヌーで渡ろう

多摩川をカヌーで渡ろう

8月2日 参加者募集中

8月2日~8月2日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク