中原区版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

市立高校定時制 夜間部縮小、再編へ 昼間部は拡大 需要に変化

教育

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市教育委員会は先月20日、市内に4校ある市立高校の定時制で、定員割れが続く夜間部の規模を縮小する計画案を発表した。加えて、進学希望者が増加傾向にある市立川崎高校の定時制昼間部の募集を2倍に拡大。定時制を選ぶ生徒に近年増えている、不登校経験者や日本語が母国語でない子どもたちのニーズに応えるため、定時制を再編する。

 この方針は「市立高等学校改革推進計画第2次計画案」の中で示されたもので、2021年の入試から反映される。

 神奈川県内の公私立高校は2006年から、希望者の多い全日制への進学実績を高めようと取り組んできた。その影響もあり、市内定時制の入試倍率は年々低下。川崎高校(川崎区)、橘高校(中原区)、川崎総合科学高校(幸区)、高津高校(高津区)ともに過去4年間定員割れが続いている。これを受け、川崎高校は夜間部の募集を停止。高津高校も募集枠を3クラスから2クラスに縮小する。同じ定時制でも、川崎高校に設置されている昼間部の入学希望者は近年増加傾向にあった。今年度の倍率は1・1倍と、初めて受検者数が定員をこえたため、現在2クラスの昼間部の募集を4クラスに拡大する。

 市教委担当者によると、近年は就職後に夜間で学びたいという人は減り、不登校を経験した生徒や学習が苦手でゆっくり学びたい生徒(定時制は高校3年間の学習要領を4年かけて学ぶ)、日本語が母国語でないため日本語指導のサポートが必要な生徒などが多く通う。下校時刻が遅いため、生徒の安全確保や家族で夕飯を食べたいなどの課題から、全日制のように昼間に登校したいという生徒が増えているという。

 市内の小中高生に学習支援などを行うNPO法人の代表からは「定時制に通う子が抱える事情は昔とは変化している。学校に通えなくても『1人も取りこぼさない』という考えは公的教育に必要。子どもの多様なニーズに合わせて新しい学校のありかたを模索してほしい」という声もある。

中原区版のトップニュース最新6

木材使いリニューアル

中原区役所

木材使いリニューアル 社会

エコ意識の向上めざし

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

まちづくりに「結束力」を

新春インタビュー

まちづくりに「結束力」を 社会

永山区長、2020年を語る

1月10日号

等々力発 3.2キロ

東京2020聖火リレー

等々力発 3.2キロ スポーツ

区内ルート明らかに

1月1日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 社会

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「ヘイトに罰則」初条例

川崎市

「ヘイトに罰則」初条例 政治

7月全面施行、市民周知へ

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク