中原区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

武蔵小杉駅喫煙場所 市内初の「分煙強化型」に 煙拡散を軽減

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
新たに設置される喫煙所(イメージ)
新たに設置される喫煙所(イメージ)

 武蔵小杉駅横須賀線口の指定喫煙場所が分煙強化型に変わる。四方にパーティションを設置するなど、厚生労働省の指針に沿った喫煙場所の設置は市内では初めて。市は、煙の拡散を軽減し、受動喫煙の防止につなげたい考えだ。利用開始は24日(火)を予定。

 新たな喫煙場所は、高さ2・5メートルのパーティションを四方に設置し、出入り口には煙が漏れ出ないように2重扉のようなクランクを設ける。これまで、横須賀線口のバスロータリーそばにあった指定喫煙場所は、2メートル弱のついたてのようなものがあるだけだった。しかし、煙を上空に喚気することで分煙効果を高め、非喫煙者の受動喫煙防止を図る。また、喫煙スペースは従来の10・3平方メートルから27・2平方メートルまで広がる。

 通勤時間帯などは順番待ちができるほど混雑が目立ち、喫煙場所の範囲外で煙草を吸う人が見られたため、地域住民などから苦情が寄せられていたという。利用者の多い駅で喫煙者がはみ出しているような場所については、市の職員が指導員としてマナーの順守を訴えてきたが、巡回時間外には目が行き届かず限界があった。

 市は、路上喫煙防止重点区域に川崎駅や武蔵溝ノ口駅、鷺沼駅など各区のターミナル駅を指定し、指定喫煙場所を16カ所設けている。武蔵小杉駅周辺には3カ所あり、横須賀線口については十分なスペースが確保できたとして改修工事に着手した。市は同様の指針に沿った指定喫煙場所を設置したい考えがあるが、十分なスペースの確保に課題がある。市担当者は「歩道スペースを確保するなど条件は厳しいが、マナー啓発を進めながら、改善に取り組んでいく必要はある」と話す。工事期間中は喫煙場所の使用を中止、利用開始は24日を予定している。

 今回の設置は、昨年改正健康増進法が公布されたことに伴い、厚生労働省が示した「屋外における分煙施設の技術的留意事項」を踏まえている。

中原区版のトップニュース最新6

平間小からSDGs発信

平間小からSDGs発信 教育

あす25日、地域向けフェス

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

木材使いリニューアル

中原区役所

木材使いリニューアル 社会

エコ意識の向上めざし

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

まちづくりに「結束力」を

新春インタビュー

まちづくりに「結束力」を 社会

永山区長、2020年を語る

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 社会

福田市長、2020年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神障がいへの理解を―

精神障がいへの理解を―

2月に「交流会」と「公開講座」

2月18日~2月18日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク