中原区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

中原区役所 木材使いリニューアル エコ意識の向上めざし

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
リニューアルする正面玄関付近(イメージ)=区提供
リニューアルする正面玄関付近(イメージ)=区提供

 中原区役所は、1階の総合案内や待合スペースなどを、木材を使った内装にリニューアルする。市の木材利用促進の方針の一環で、来庁者が木に触れる機会を増やし、環境への意識を高めることが目的。工事は明日から、閉庁日を利用し進め3月に完了予定。

 使用される木材は、北海道の道南スギなどの国産木材。1階総合案内の受付カウンターや各届出受付窓口、待合スペースの休憩ベンチ、壁、床、天井などの素材を木材で統一し、来庁者が木のぬくもりを感じられるようにする。

 区は同時に、フロアの案内板も一新。これまで区民から寄せられていた「建物内部が全体的に暗く、古い印象がある」「庁舎全体の案内サインや総合案内の場所が分かりにくい」といった声を受け新調する。

 工事は土日に行い、期間は3月上旬まで。区担当者は「混雑が見込まれる年度末までには終わらせ、影響の出ないようにしたい」と話している。

 市は、2014年に公共建築物における木材利用促進の方針を策定。木材利用が地球温暖化防止や森林再生などにつながることから、木質化リノベーション事業として公共施設で国産木材の利用を促進し、市民に木の良さを知る機会を増やしている。

 区内では小杉小学校や大谷戸小学校、川崎市医師会館などの施設で木質化が進められている。市は、中原区役所以外の施設は決まっていないが、今後も木質化を促進していくという。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

避難所に担架・簡易ベッド

中原区予算案

避難所に担架・簡易ベッド 社会

資器材を整備、補充へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク