中原区版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 生活福祉資金 緊急貸付で一時支援 中原区社協に相談窓口

社会

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
県社協ウェブサイトに詳細情報を掲載
県社協ウェブサイトに詳細情報を掲載

 新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯を支援しようと、国の貸付制度「生活福祉資金」として、一時的な緊急貸付が先月25日に開始。神奈川県社会福祉協議会(県社協)が担い、中原区社協が予約制で区民相談に応じている。

 この措置は、休業や失業で生活資金が必要になった市民向けの貸付。休業者が対象の「緊急小口資金」は10万円以内、失業者の「総合支援資金」は原則3カ月まで単身世帯で月15万円以内、複数世帯は月20万円以内。いずれも無利子だが、措置期間や返済期限などを含め条件がある。生活保護世帯や就業していない場合は対象外だ。

 中原区社協では相談の予約受付が始まった先月25日から、電話の問い合わせが殺到。予約できる面会日が4月下旬から5月上旬だという(4月9日時点)。

 面会による相談時間は1人30分から1時間。申し込みの流れは、電話での簡単な聞き取りを経て面会を予約。相談を踏まえて県社協に必要書類を提出し、審査の上、約1週間で貸付が決定する。

 相談の予約は中原区社協【電話】044・722・5500へ。

中原区版のローカルニュース最新6

全10種、初のスポーツ祭典

全10種、初のスポーツ祭典 スポーツ

2月23日、とどろきアリーナで

1月21日号

詩吟歌謡で元気を

詩吟歌謡で元気を 文化

高津川さん企画 盛況

1月21日号

「税の標語」で会長賞

「税の標語」で会長賞 教育

上丸子小6年の植田さん

1月21日号

今シーズンへ意気込み

川崎フロンターレ

今シーズンへ意気込み スポーツ

 新体制発表記者会見で

1月21日号

大幅改善も厳しい状況

中小企業景況感

大幅改善も厳しい状況 経済

川信調査、前期比15・6P増

1月21日号

「組織基盤の強化を」

川崎北法人会

「組織基盤の強化を」 経済

賀詞交歓会で団結

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook